ボートワカサギ釣行:まさかの46cmイワナも!【神奈川県・芦ノ湖】

9月半ば、神奈川県・芦ノ湖にて親子でワカサギ釣りを楽しんだ。6~11cm85尾に、46cmのイワナが掛かり、同湖での釣りは初めてだったが、まずまずの釣果だった。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ワカサギ釣り

時合いに駆け込みセーフ!

6時20分、箱根湾のボート店に到着。

受け付けで「もう、朝の時合いは終わっちゃったよ。朝一番の時間帯に釣るかどうかで、釣果は倍違うよ!」と店主から先制パンチ。

慌てて荷物をまとめてボートに乗り込む!

ポイントまで引き舟をしてもらい、反応のあるところで止めてくれる。水深は15m。アンカーを入れてさっそく釣り開始。

10本バリの特製仕掛けに赤虫を付けて投入。すぐに、子どもが使っているワカサギ用短竿にククンとアタリがでる。「きたよっ」と、息子がリールを巻く。入れれば毎投アタる。上がってきたのは10cmの良型

時合いにギリギリ間に合ったようで、入れれば必ずアタる。追い食いを待つと2点、3点と掛かることもあった

当日のパターン

タナは、オモリを底に着けた瞬間にアタリがでるパターン。

ワカサギ5点がけ!

誘いは底から10cmほど上げてみるくらい。タナを探ることはしないで」と、店主から教わったとおり。

食い気があれば空バリでも掛かるが、この日は晴れで微風。水深10m台の浅場は、太陽光に左右され、ワカサギの群れがまとまりにくいそうだ。

風が吹かないというのも、釣果が伸び悩む要因。

次ページでまさかの大物が!?