スーパーライトジギング釣行:怒涛の12目釣り!【愛知県・隆盛丸】

今季の伊勢湾のタチウオは大当たり年のようで連日爆釣。そして秋のスーパーライトジギング(SLJ)も開幕し、ハマチやシオ、ハタ類やホウボウなどが安定して狙えるようだ。この情報をくれたのが、愛知県蒲郡市西浦漁港の隆盛丸の牧原船長。早速9月19日にタチウオとドハマリ中のスーパーライトジギングを楽しんできた。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

当日の作戦は?

当日のタックル図

午前5時すぎ、西浦漁港の製氷所で氷を購入し乗船場に向かうと、常連の田中さんと水浦さん、釣りガールの三田さんが顔をそろえていた。

やがて隆盛丸の牧原隆一船長が軽トラで登場、受付を済ませて釣り座を決めタックルを積み込んでいく。

船長の立てたプランでは、まず伊良湖で軽~くタチウオで肩慣らし兼土産確保をした後、大山沖のブロック漁礁でスーパーライトジギングに臨むというもの。

タチウオもスーパーライトジギングも皆大好物!ウキウキしながら準備を進めていく。

タチウオ爆釣で幕開け!

水深90mラインで200gのジグを沈めていく。ラインカラーで50mが過ぎた時、フッとジグが止まった。なんと1投目のフォールからヒットだ。

上がってきたのは指3本級のタチウオ。少し前の指2本から少し成長したようだ。そこから怒とうの入れ食い開始。ジグが底まで到達せず、アクションも何もないほどの食いっぷりだ。

一投目でタチウオがヒット!

次ページでスーパーライトジギング開始!