大分の堤防ライトゲーム釣行でカマス好捕 ゆっくりただ巻きで連発

大分の堤防ライトゲーム釣行でカマス好捕 ゆっくりただ巻きで連発

11月5日、大分県臼杵市・臼杵港へカマスゲームに行った。大分県下では釣り禁止になった港が増えている中、釣りができるありがたい港だ。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

臼杵港でカマスゲーム釣行

午前6時前に臼杵港へ到着。すでに釣り人が数人いるが、ぽつぽつと釣れている状況で少し離れた場所で準備をする。

6時に釣り開始。5時30分ごろが満潮で、満潮から干潮を攻める形となった。カラーは一番実績のあるグリキンカラーから使用。以前、前後のフックが同時に口の中でハリ掛かりした際、ハリを外すのにかなりの時間を要したことから、リアフックのみシングルフックに変更している。

大分の堤防ライトゲーム釣行でカマス好捕 ゆっくりただ巻きで連発ポイント図(作図:週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一)

暗くなり始めにヒット到来

最初の数投はアタリがなく、ポイント選択を間違えたかと思ったが、比較的実績のあるポイントだったため粘ることにした。辺りが明るくなり始めたころにガツガツ……ガツーンと待望のヒット。

小気味よい締め込みを楽しみ、上がって来たのは30cm級のアカカマスだった。そして、次のキャストでも、ゆっくりリールを巻いているとガツ……ガツ……ガツーンとヒット。今度は25cm級のアカカマスだった。

ただ巻きで連発

その後、ほぼ毎投アタリがある嬉しい展開。投げた後に着底を確認→ゆっくりただ巻き→ヒットするというサイクルを繰り返した。また、リアフックをシングルフックに変更したこともあり、手返しよく数を伸ばすことができた(今回、リアフックで釣り上げたカマスは2尾だけだった)。

大分の堤防ライトゲーム釣行でカマス好捕 ゆっくりただ巻きで連発タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一)

当日は私の釣り方が良かったようでダントツに釣れていた。そのため、エサ釣りやメタルジグで釣れていない人たちが話しかけてきたので、自分の知っている情報をすべてお伝えした。さらに、希望者にはカマスをプレゼントした。

刺し身&あぶりは絶品

家族で食べるのには十分な釣果を確保したこともあり、8時に納竿とした。釣果はアカカマス30尾(22~35cm、30cmオーバーは6尾)であった。

カマスは刺し身、あぶり、塩焼きにして食べたが、刺し身とあぶりは最高においしかった。ただ、小骨を取り除くのが、少し大変だったが……。

最後に、転落したら危険なためライフジャケットは必ず着用してほしい。また、ゴミは自分のものでなくても可能な限り回収していただきたい。

<週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
臼杵港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年12月2日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。