陸&ボートでトップゲーム:ライトタックルで満喫!【佐賀県・星賀港】

9月前半、釣り好きな後輩が入社したので伊万里湾のシーバスを釣りに行こうと誘い、佐賀県唐津市・星賀港のきずなまりん2号艇に乗船した。ボート釣行の後は陸っぱりでもトップゲームを楽しんだ。

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

クルクルイワシパターン

毎年、夏に恒例となっている「クルクルイワシパターン」は、高水温の内湾では毎朝のようにカタクチイワシが水面で弱っており、それに対しシーバスのボイルが起こるため、トップウオーターで狙う人気のゲームとなっている。

昨年釣行し、小さいながらも連続でヒットしており、この楽しさを味わってもらおうと後輩を誘ったわけである。

朝マヅメは湾奥から

当日のタックル

午前6時に出船し、30分弱で伊万里湾大橋付近に来たが、残念ながら鳥の姿がなく、クルクルと回転するイワシの姿は皆無。自然相手の釣りなのでよくあることだが悔しい。しかし、魚探にはベイトがびっしりと映っており、私はトップ、後輩はバイブレーションで探ってみる。

しばらく探るもバイトはなく、朝マヅメのいい時間が過ぎていく。

ポッパーからペンシルまでさまざまなルアーをローテーションし、クリアーカラーのポッパーになんとか30cm級のシーバスがヒット。

オープンエリアへ移動

しかし、それ以降ヒットはなく湾奥はあきらめ、潮通しの良いオープンエリアに移動。

ここではいいサイズと思いきや、なんとサメがヒット。後輩にもバイトはあるものの、キャッチできず。

ビックリ!サメが登場

次ページでチニングに変更