ボートエギング:秋アオリ満喫!【京都府・フィッシングセンター海友】

秋アオリのエギングが絶好期を迎えている京都府の日本海側各地。9月1後半、そのアオリイカを自由気ままにレンタルボートで狙ってみた。おじゃましたのは宮津にあるフィッシングセンター海友

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

釣友4人と乗船

この日の同行者は釣友4人と私の合計5人で、海友では1番大きな9人乗りボートを予約した。

海友のボートは5人乗り、9人乗りの船外機の他、6人乗りの丸ハンドルボートもあるが、当日は秋の3連休中とあってすべて満船。ちなみに、釣りをする場合は定員の半分程度の人数で乗るのがやりやすい。

朝から雨が降ったり止んだりの状況下、午前6時過ぎに出船。

早朝はテンポよく

全員で広範囲に探れるのもボート釣りならでは

まずは田井近くの岩場からスタートするが、やや濁りが入っていてすぐには乗らない。

早朝のいい時間帯なので、見切りを早く、活性の高いイカが潜むエリアを探す。

黒崎方面へ進みながらポイントを探っていくと、岸寄りのシャローから出てきたアオリイカが山本渚さんのエギにヒット。胴長は15cmほどで、この時期にしては納得のサイズ。

ただ、磯際のシャローで速く探ってもなかなか追いかけてくる小型のアオリイカの姿が見えない。

サイズが少し大きくなってきて、やや深場に入ってきているようだ。そこで、兵頭キャプテンに少し岸から離し気味でボートを流してもらう。

タイトなポイント選定

今回の釣行でのアベレージは胴長13~15cmといったところだった

しっかりとボトムを取ってのややスローな釣りだが、ようやく底付近でグーッと穂先を持っていくアタリが出てアオリイカがヒット

ただ、連発で釣れる感じではなくどんどん見切りを付けていく。

昨年、絶好調だった岩礁と砂底が入り混じるシャローエリアでは、イカリを打って周囲を探る。

全く姿が見えない場所があるかと思えば、シャクり上げてきたエギに2、3匹がワラワラと付いてきて、あっという間にエギを抱く場所も…

かなりピンポイントで居る場所と居ない場所が分かれているようだ。

そして、足元でシャクリ上げてきたエギに、なんとシオ(カンパチの若魚)がワラワラと出てきた。コイツがアオリイカを散らしている原因か…ということで早々に移動。

次ページで入れ掛かりポイント発見!