デイナマ釣行:日中アンダーで狙うナマズゲーム!【愛知県・青木川】

9月前半、愛知県稲沢市の青木川にデイナマ釣行した。今回は最下流域のナマズ調査だ。ナイトのトップゲームのイメージが強いナマズだが、今回は橋脚周りなどのアンダーを中心に探っていく。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ルアー&フライ ナマズ

当日のタックル

タックルはロッドが『バスワン6.6フィートミディアム』、リールが『レブロス2500番』、ラインがナイロン12ポンド。ルアーは『Bカスタム5/8オンス』を使用する。

釣った魚のサイズには全くこだわりがないのだが、ヤマカンのサイズが間違っていてはいけないので今回はちゃんと測ろうと、メジャーを持ち込んだ。

スロープを降りてすぐのポイントから開始。水質はステイン

開始すぐにアタリが

ナイスサイズのナマズ

護岸際を上流側にピッチングで振り込んで2投目、フォール中にグンとひったくられた。

元気に走り回ったのは62cmのナマズ。幸先良いスタートだ。

そのまま数歩前に進んでリフト&フォールさせると、リフト中にチェイス。
そのままバイト。

2匹目もまたも元気なナマズ。こいつもなかなかのサイズで65cm。

しばらく進むと沖でサスペンドしているナマズを発見。こいつはデカそうだ。斜め前にキャストすると着水と同時にルアーの方を向いた。

スローリトリーブで目の前を通すつもりが、流れで少しずれた。向こうも食うつもりでバイトしたがミスバイト。ロッド操作でUターンさせるがまたも食い損ね。

そのままどこかへ行ってしまった。

次ページで一級ポイントを打つ!