愛知の堤防フカセ釣りで38cmクロダイ手中 障害物でバラし連発

愛知の堤防フカセ釣りで38cmクロダイ手中 障害物でバラし連発

夜勤明けの10月22日、眠たさより釣りに行きたい気持ちが勝ったので、自宅から近い愛知県の碧南釣り広場にフカセのクロダイ狙いで釣行した。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・三重グレ研・濱田晃行)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

碧南釣り広場でフカセ釣り

薄曇りで風もなく絶好の釣り日和だ。午前10時ごろ駐車場に到着。眠気は吹っ飛びやる気モード全開で、空いていたパイル前に釣り座を構えた。

愛知の堤防フカセ釣りで38cmクロダイ手中 障害物でバラし連発ポイント図(作図:週刊つりニュース中部版APC・三重グレ研・濱田晃行)

まきエサは釣行前に自宅で準備。オキアミ1.5kgにマルキユーのチヌパワーV10白チヌと湾チヌスペシャル各半袋をしっかり混ぜ込み、粘りを出して遠投仕様に仕上げてある。釣り場に着いたら水分がなじんでちょうど良い具合になっていた。さしエサはスーパーハードとボイル、特選むきエビを用意した。

愛知の堤防フカセ釣りで38cmクロダイ手中 障害物でバラし連発使用した集魚剤(提供:週刊つりニュース中部版APC・三重グレ研・濱田晃行)

タックルを組んで海をのぞくとスケスケで底まで丸見え。干潮の時間帯で、これは厳しいかも……という雰囲気。手前より沖の方が警戒心が薄いだろうと際から30mラインをポイントと決め、あいさつ代わりのまきエサを10発ほど打ってから仕掛けを投入する。案の定、さしエサを触るエサ取りの気配はない。まずはステージ作りだと黙々と投入を繰り返した。

痛恨のバラシ後は我慢の時間

さしエサが取られないまま30分ほどたったころ、突然のアタリがやってきた。まきエサを打った後、ウキがモゾモゾしだした。仕掛け投入から20秒くらいとタイミングが早かったのでエサ取りの小さなセイゴだろうと軽くアワセを入れたが、サオが頭上でガツンと止まってびっくり。

慌ててサオを寝かせてやり取りを始めたが、ワンテンポ遅れて主導権を握られてしまい、相手はパイルの方に猛ダッシュ。なすすべもなくハリスが擦れてバラしてしまった。

やらかした後は決まったように沈黙の始まり。潮が上げ始めると同時にアタリが遠のくのはいつものことで、我慢の時間が3時間続いた。この間ピンポイントにまきエサを集中して時合いを待つ。

愛知の堤防フカセ釣りで38cmクロダイ手中 障害物でバラし連発時合いに迎えてくれたハゼ(提供:週刊つりニュース中部版APC・三重グレ研・濱田晃行)

このまま終了かと不安もよぎったが、待望のアタリが午後2時半ごろにやってきた。まずはエサ取りのハゼが食ってきて、魚が動きだしたかなと思った次の投入。仕掛けがなじむと、見えていた棒ウキのトップがスッと消えていった。

次のページで待望のクロダイ38cm登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。