磯でのカワハギ釣りで20cm超え良型が連発 ミャク釣りで挑戦

磯でのカワハギ釣りで20cm超え良型が連発 ミャク釣りで挑戦

大江(熊本県天草市)の地磯にカワハギが寄り始めた。まだ体型はスリムだが、釣れる確率は高い。11月9日に釣行した際は嬉しいゲスト魚も交じり、かなり楽しめた。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

海釣り 磯釣り

天草のカワハギ釣りシーズン

大江のカワハギは例年秋から初冬がシーズン。磯から赤貝などをエサにしたミャク釣りで狙う。今年は遅れ気味の感があったものの、10月下旬から釣果は右肩上がりだ。

磯でのカワハギ釣りで20cm超え良型が連発 ミャク釣りで挑戦大江周辺略図(提供:TSURINEWSライター松田正記)

良型が狙える

平均サイズは20cm以上。25cm前後も頻繁に交じるうえ、30cmに迫る「顔よりデカい」大型も出る。ほかの釣り場よりも大型の割合が多いことから、ここ数年は専門に狙う人が増えてきた。

イシものと二刀流

この日は午前8時ごろが満潮(同県牛深港)。6時前に大江漁港の渡船に乗り、黒瀬崎周辺の地磯に渡礁。上げ潮はイシものを狙い、下げ潮にカワハギを釣る二刀流に臨んだ。

磯でのカワハギ釣りで20cm超え良型が連発 ミャク釣りで挑戦今回渡礁した黒瀬崎周辺の地磯(提供:TSURINEWSライター松田正記)

エサ取りに翻弄

まずはイシものを狙い、ガンガゼをエサにサオ下を攻めた。間もなくアタリは出るものの、食い込まない。2投以降も同じ状態で、エサを取られてばかり。それでも攻め続け、ようやくハリ掛かりしたのはリリースサイズのイシガキダイだった。

その後も小型のイシガキダイが連発。何とかキープサイズを2尾上げたが、満潮を迎えた時点で魚信はなくなり、カワハギ狙いに切りかえた。

仕掛けは太め

仕掛けは袋から取り出せばすぐに使えるツインカワハギのLサイズを選択し、タックル、ハリスともに太めを準備。タバメなど大型のゲスト魚に対応するためだ。エサの赤貝をハリに刺し、足元に仕掛けを垂らした。タナはサオ1本半ほど。

すぐに魚信が出始めたが本命ではなく、アラカブ、ベラ、イトフエフキ。どれも型がよく、ゲスト魚に相応しいサイズだ。

磯でのカワハギ釣りで20cm超え良型が連発 ミャク釣りで挑戦カワハギタックル(提供:TSURINEWSライター松田正記)

次のページで本命カワハギの時合いに突入!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。