福岡でのちょい投げ釣りで17.5cm頭にハゼ80尾 多彩なゲストも登場

福岡でのちょい投げ釣りで17.5cm頭にハゼ80尾 多彩なゲストも登場

10月16日、江尻川と今川が合流する河口で主人とハゼを釣りました。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・上瀧洋子)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

今川河口でハゼ釣り

仕掛けは下図の通りで、ハリに砂ゴカイをつけてちょい投げして少し引き釣りするとハゼ10cmがヒット。

福岡でのちょい投げ釣りで17.5cm頭にハゼ80尾 多彩なゲストも登場タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・上瀧洋子)

主人はハゼがダブルヒットです。2投目もすぐにヒットでハゼ12cm、14cm、10cmと入れ食い。

福岡でのちょい投げ釣りで17.5cm頭にハゼ80尾 多彩なゲストも登場釣り場概況図(作図:週刊つりニュース西部版APC・上瀧洋子)

移動後は15cm級ヒット

しかし、ハゼが小さく15cm以上はほしいので、苅田港緑地公園に行きます。車も多く、そのそばからハゼ釣りをしているファミリーが多いです。

福岡でのちょい投げ釣りで17.5cm頭にハゼ80尾 多彩なゲストも登場釣り場概況図(作図:週刊つりニュース西部版APC・上瀧洋子)

私たちは対岸の砂置場から投げると、すぐにアタリはフグやヒイラギと雑魚ばかり。釣り歩きながら松林の護岸で30mちょい投げして、私にメイタ15cmと16cm。ここでもハゼ、メイタ、ヒイラギ、メゴチ、フグが釣れます。ハゼは15cm前後で結構楽しめます。主人も1投ごとに、ハゼ、メイタ、ヒイラギを釣っています。

ただ、河口ですからゴミが釣れて仕掛けが切れたりしますので、10回ほど仕掛けを交換しました。ハリが折れてしまうこともあります。

ゲスト交じりで楽しむ

移動して祓川河口に行きました。30mほど投げて水路を釣ると、ハゼ17cm。2投目も16cm。主人にダブルヒットは、セイゴ約20cmとハゼ。セイゴは小さいのでリリースします。私にはメイタとハゼのダブルヒット。メイタはリリースです。

主人は、パワーイソメソフト(桜イソメ夜光・中)をつけて引き釣りして、メイタとヒイラギの3連。ハゼはパワーイソメソフト(赤イソメ・中)で釣れています。

ただ、少し引き釣りしながら誘ってやるような釣り方をしないといけません。40mほど投げて少しずつリールを巻くのですが、キス釣りよりもゆっくり巻くと、ハゼやメイタが飛びついてきます。私もパワーイソメソフト(赤イソメ・中)に替えて、ハゼやセイゴ、メゴチ、キス15cmも釣れました。

次のページで当日の最終釣果発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。