秋のイカダでエギング&五目釣り アオリイカ・カワハギ・カンパチと多彩

秋のイカダでエギング&五目釣り アオリイカ・カワハギ・カンパチと多彩

秋は一年で一番好きな季節。快適に釣りができて、おいしい魚がたくさん釣れてしまう。そういえば今年はまだアオリイカを釣っていない。カワハギも。釣友で本紙APCの渡邉敦さんに相談したら、「イカダへ行こう」という話になった。釣行の段取りは全てお任せで、10月12日に三重県・南伊勢町迫間浦の宝成渡船にお世話になった。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・川中みちよ)

TSURINEWS編集部

海釣り施設 イカダ&カセ

宝成渡船でイカダ釣り

10月12日、夜の空気の冷たさに秋を感じながら山道を走り、国道260号線を通って三重県・南伊勢町迫間浦の宝成渡船に着いたのは午前5時すぎだった。早速荷物を下ろして準備していると、羽根船長が登場。あいさつを済ませて、荷物を船に積み込んでいく。

薄暗いなか10分ほどでイカダに到着。しっかりしたトイレに安心しながら準備していると、渡邉さんは早くも岸に向けて第1投。少し遅れて私もエヴォリッジ3号をキャストする。

秋のイカダでエギング&五目釣り アオリイカ・カワハギ・カンパチと多彩当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版APC・川中みちよ)

この日は北寄りの強風が吹いていたが、背中からなので追い風で飛距離が伸びる。羽根船長はこの風向きも考慮して、このイカダに渡してくれたようだ。

良型アオリキャッチ

丁寧にシャクってフォールさせていると、フッとラインに違和感。ロッドを立てると、グイグイという懐かしい手応えが伝わってきた。「早!」と渡邉さんに言われながら取り込んだのは、手のひら大のアオリイカ。1年ぶりの再会だ。

続けて2投目、今度ははっきりティップが押さえ込まれた。ドスンの後にジーッ。周りを真っ黒に染めて浮上したのは、良型のアオリイカだ。目測で700gぐらいか。

焦る渡邉さん、ようやくのヒットはアオハタにコウイカと、この日は持っていない感じ。

秋のイカダでエギング&五目釣り アオリイカ・カワハギ・カンパチと多彩渡邉さんは朝の時合いでアオハタ(提供:週刊つりニュース中部版APC・川中みちよ)

私が500g級を追加した後、心なしか風が弱まった感じがした。ここで羽根船長から電話。「風も落ちたしイカダ変わるか」。

キロアップのアオリ追加

急いで荷物をまとめて次のイカダへ。ここはカワハギも多いらしく、カワハギ好きの私はワクワクドキドキ。でもまずはアオリから…とエヴォリッジ2.5号をキャストすると、中層ではっきりコツンとアタリ。反射的にアワせると、朝以上にドスンッときた。

ギュンギュンロッドが曲がり、「バレないで~」と祈りながらリールを巻く。そして渡邉さんがランディングしてくれたのは、ひと目で分かるキロアップだった。

秋のイカダでエギング&五目釣り アオリイカ・カワハギ・カンパチと多彩イカダをかわってすぐにキロアップ(提供:週刊つりニュース中部版APC・川中みちよ)

すぐにここで渡邉さんもヒット。3度目の正直でようやく手にしたアオリイカは500g級だったけど、キロアップの後なので本人は微妙な表情だった。

次のページはカワハギ連打にジグでシオもキャッチ!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。