若狭湾アジング釣行でアジ30匹 連発の秘訣は『サポートフック』?

若狭湾アジング釣行でアジ30匹 連発の秘訣は『サポートフック』?

10月に入って気温も下がり始めてきたタイミングで面白くなってくる、若狭湾アジングに挑戦してきました。乗らないもどかしいバイトが劇的に乗るようになるアイテムも紹介していますので最後までご覧ください。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター岡本侑樹)

yuki

滋賀在住。好きな釣種はバス、シーバス、ライトゲーム 、ネイティブトラウト。タイミングが合えば日本各地へ遠征フィシングにも挑戦中!

×閉じる

ソルトルアー ショア

若狭湾の状況

今年の若狭湾は皆さんご存知の通りアオリイカの当たり年になっています。ですので、各漁港にはエギンガーの方が沢山いらっしゃいます。

一方、今回のターゲットのアジは常夜灯周りにいる個体は、私の印象では例年に比べると一回りほど小さい印象で、夏の終わり頃からあまりサイズも大きくなっていないように感じております。大きい個体を釣っている方は外洋に面した水深の深いスポットの回遊してくる個体を狙っているようです。

前半戦

今回選んだスポットは数釣りを楽しみたかったこともあり、常夜灯周りのエリアをセレクトしました。無風で釣りやすいように感じたため、アジスタS 0.6gにブーティーシェイク2.5の少し軽めのセッティングでサーチを開始していきました。

すると1投目からバイトが出ますが乗らず。そのままサーチを続けていくとまずは可愛いサイズのメバルがヒット。小気味のいい引きで楽しませてくれました。しかし、その後ワームのカラーをローテーションするも毎投のようにバイトがあるものの乗せることができませんでした。

若狭湾アジング釣行でアジ30匹 連発の秘訣は『サポートフック』?1匹目はメバル(提供:TSURINEWSライター岡本侑樹)

タックル

使用タックル
ロッド アクアビジョン632-ST
リール 20ヴァンフォードC2000SHG
ライン エステル0.3号
リーダー フロロ0.8号

後半戦

前半戦の反省も踏まえて、さらにフックとワームを小さくすることにしてみました。使用したのはレベリングヘッド小鈎にペケリング2のセッティング。すると、1投目からアジをキャッチすることに成功。ここから5バイトに1回のペースでキャッチしていき数を伸ばしていきました。

もっとバイトを取れないか考えてみたところ、タックルBOXの奥に最後の1本だけ残っていた鬼爪を発見。このアイテムはジグヘッドのフックに装着するタイプのサポートフックで、今の状況にぴったりだと考え試してみることにしました。

するとここから怒涛の連打開始で、ほとんどのバイトを取ることに成功し短時間で30匹釣ることが出来ました。

若狭湾アジング釣行でアジ30匹 連発の秘訣は『サポートフック』?サポートフックで連発(提供:TSURINEWSライター岡本侑樹)

次のページで当日の釣りの振り返り

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。