大阪・深日港でルアーカマス釣り 早朝の時合いで27cm頭に本命8匹

大阪・深日港でルアーカマス釣り 早朝の時合いで27cm頭に本命8匹

泉南の深日港では、9月下旬になっても、夏の風物詩のカマスが釣れ続いている。シーズン終盤になっているので、日ムラがあるが、30cm近い良型が交じってくる。そこで、10月1日の早朝の時合を狙って釣行してみたので、その時の模様をリポートしたい。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

谷口墨人

こんにちは。谷口墨人です。ルアーで、アオリイカ・タチウオ・青物・カマス・根魚、投げ釣りでキスも狙っています。

×閉じる

ソルトルアー ショア

日の出まではタチウオ狙い

泉南の深日港には、午前4時過ぎに到着した。タックルを持って、階段状になっている足場のいい護岸まで歩いて行くと、タチウオ狙いの電気ウキがポツポツと浮かんでいる。エギングやライトショアジギングを楽しむ釣り人もいた。

空きスペースにエントリーし、まず、タチウオ狙いのタックルを用意する。16gのジグヘッドに3inchのシャッドテール3inchのグリーンをセットし、ジグヘッドの上にケミホタルを装着した。

沖合は遠浅でシモリが多いので、ボトムまで沈めると根がかりが多くなる。なので、中層から表層をスローワインドで探っていく。

狙う層をかえながらしばらく投入を繰り返すが、バイトがない。周りの電気ウキにもアタリがないようだ。やはり、タチウオ狙いは、夕方からの時合がいいようだ。

大阪・深日港でルアーカマス釣り 早朝の時合いで27cm頭に本命8匹釣り場風景(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

深日港で早朝カマスゲーム

やがて5時半を過ぎ、夜が明ける時間になってきた。本命のカマス狙いに変更する。

5gのジグヘッドに、グラスミノーLのグリーンをセット。カマスは表層から中層を回遊しているので、釣り方はできるだけ遠くに投入し、回遊してくるタナをノーアクションのただ巻きでやや速くリトリーブする。ただ巻きするだけで、グラスミノーのテールがブルブルと振動し、カマスのバイトを誘発してくれる。

やがて、東の空が白み出してきた。期待を込めて第1投を投入し、やや速巻きで引いてくると、手前でググッとバイトがあった。ハリ掛かりはしなかったが、カマスが手前まで追いかけて来たようだ。

1匹目は表層で27cmがヒット

その後しばらく沈黙が続いたが、夜が明けてきたタイミングで表層を誘っているとグイーッとバイト。カマスは口が硬いので、大きくアワセを入れてから寄せにかかると、ぐんぐんと引きが伝わる。

右に左にと走る引きを味わいながら、手前まで寄せ、ゆっくりと抜き上げたのが、27cmの良型カマス。丸々と肥えていて美味そうだ。

バラシも多かったが追加成功

次投は、投入後巻いてくると中層ですぐにバイト。手前まで寄せて来たが、抜き上げの時に暴れてバラシ。カマスは口が硬いので、しっかりハリ掛かりしないとバラシの原因になる。

また投入すると、グーンとバイトし、25cmのカマスをキャッチ。明るくなってきて周りのルアーマンも続々とカマスをキャッチしている。

その後、バラシも多かったが、ボツボツとカマスをキャッチしていく。しかし、6時半を過ぎるとバイトがなくなり、カマスの気配がなくなった。やはり、カマスの回遊時間帯は短かいみたいだ。

大阪・深日港でルアーカマス釣り 早朝の時合いで27cm頭に本命8匹キャッチしたカマス(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

次のページで最終釣果と今後の展望を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。