千葉の五目釣りで高級魚チカメキントキ2尾 爆風&低活性攻略術とは?

千葉の五目釣りで高級魚チカメキントキ2尾 爆風&低活性攻略術とは?

連日大型が釣れているチカメキントキ、時化続き明けでさぞかしお腹を減らして大漁間違いなしと思っていたが、そう上手くいかないのも釣りだ。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

前島宣秀

年間釣行80日、北海道から沖縄まで食べたい魚は自分で釣り歩く、ダイワ大好き釣りバカオヤジです。

×閉じる

船釣り エサ釣り

高級魚チカメキントキ

日本近海で釣れる高級魚で、赤く硬い鱗に覆われ、目が大きな愛嬌のある姿が特徴のチカメキントキは、刺し身はもちろん煮ても焼いても美味しい魚である。

キンメダイや北海道でキンキ、メンメと呼ばれているキチジと似ているが、刺し身ではチカメキントキに軍配が上がると思う。釣りでは水深が浅く比較的難易度は低いライトタックルの釣りだ。

タックルと仕掛け

竿はメタリアAKAMUTSU、リールはシーボーグ300JにPEライン3号、仕掛けは船宿仕掛け、オモリは120号、マグネットを持参した。高感度のメタリアはキントキのアタリやガツガツと引く手感度がとても心地がいい。

千葉の五目釣りで高級魚チカメキントキ2尾 爆風&低活性攻略術とは?筆者のタックル(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

爆風の中釣りスタート

しまや丸の女将の優子さんに見送られ、女性アングラー2名を含む11名で乙浜港を定刻に出港。防波堤を超えるとジェットコースターの如く揺れが始まった。

港前の60mラインからのスタート、最終的には100mを超える深場までとなったが、爆風・うねりに底荒れ、そして水温が4度も下がっていると船長も唸るほど全くアタリがない、しかも本命は元よりカサゴ等の根魚も来ない。 

爆風&底活性対策

釣れない時も釣りであり、そこで釣るのが腕と言うものである。

千葉の五目釣りで高級魚チカメキントキ2尾 爆風&低活性攻略術とは?3本針に変更&特エサ(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

針数を変更

まず針数を6本から3本に減らして爆風での糸絡みを減らす作戦変更に出た。これだけでも周りが手前マツリを解いている間に回数が増える。

電動デッドスロー

次に電動リールでのデットスロー巻き上げ、パワーレバー数値をPL1、PL3、PL5程度に変化させ当日のヒットパターンを見出すこと。これもかなり有効な作戦。

筆者の感覚にはなるが、ダイワのデットスロー巻き上げはシマノと違ってかなりゆっくり巻き上げが出来るので、非常に助かる。しかもトルクがある。

落とし込み

次は誘い上げ、誘い下げ各種、根掛かり覚悟で弛ませ釣りを試みた。当日有効であったのは、イカ釣りでよく使う10m以上巻き上げ、魚の視界からエサを無くして、再度落とし込みエサを発見させる技、これだけはエサを食ってくれた。

エサのサイズ

また、エサにもひと工夫、長さをかえたり細くしたりすることも試してみて頂きたい。

そして一番重要なのは決してあきらめないことだ。

次のページで当日よかった特エサと利用したしまや丸を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。