福岡の堤防でのライトルアー釣行で本命カマス手中 ヤズ回遊に秋の気配

福岡の堤防でのライトルアー釣行で本命カマス手中 ヤズ回遊に秋の気配

残暑厳しい影響なのか、例年夏の終わりに釣れるカマスやサゴシがさっぱりである。たかがカマスというなかれ、毎週毎週空振りを食らっていたのだが、ようやく少ないながらも群れが入ってきた。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

新宮へライトルアー釣行

9月30日、午前4時に新宮へ。ロッドはアジング用ライトタックルとエギングロッド。カマスが来なければサゴシか、エギを投げてコロッケサイズのイカと遊ぶ作戦だ。

福岡の堤防でのライトルアー釣行で本命カマス手中 ヤズ回遊に秋の気配タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

真っ暗な中、電気ウキがともり、釣り人がアジを狙っている。まずはアジングと思い、1.5gジグヘッドをセットし、ていねいにボトム付近を探っていると「コツン」と小さなアタリ。アワせると小気味い引き。20cmほどのアジをキャッチする。しかし、そこから2尾以上続かず、干潮のため根掛かりが連発してしまう。

ジグヘッドでカマスヒット

ボトムをやめフォールのカウントを短く取り、軽くアクションさせると待望のカマスだ!25cmほどの良型にやっと来てくれたかと秋の風物魚の再会に安堵。

福岡の堤防でのライトルアー釣行で本命カマス手中 ヤズ回遊に秋の気配狙いのカマスをゲット(提供:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

日の出前のいわゆるマヅメ時は数と型狙いのチャンス。しかし、昨年に比べ連打とはいかず群れの規模は小さい様子。志賀島にも通っていたがさっぱりで、今年は難しい釣りになっている。

活性が高い時間は7時ごろまでで、日が昇るとボトム付近とテトラにタイトにつくので根掛かりしないよう誘うのが難しくなる。そこに急激にジグヘッドを持っていき、激しくドラグが鳴り、どうにもならない魚のヒット。これは青物か?

次のページで多発ボイルの正体は?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。