シーバス釣り【秋のコノシロパターンを解説】 ルアーの通し方4選とは?

シーバス釣り【秋のコノシロパターンを解説】 ルアーの通し方4選とは?

秋はルアーシーバス釣りファンにとっては『コノシロパターン』の季節。ビッグベイトと呼ばれる大型ルアーで良型シーバスを狙う、胸高まるシーズンです。今回は、入門者向けにコノシロパターンとはなんぞや?を解説。使うルアーや具体的なルアーの通し方も併せて紹介します。

(アイキャッチ画像提供:福永正博)

福永正博

横浜在住。東京湾でカヤックシーバスをメインに、季節や天候により色々な魚を狙っています。読んだ方がワクワクするような記事を目指します!

×閉じる

ソルトルアー ショア

コノシロパターンとは?

コノシロパターンとは、シーバスがコノシロをエサとして盛んに捕食している状況のことです。数やサイズが出しやすく、初心者にシーバス釣りを体験してもらうには格好のタイミングとなります。

シーズン

コノシロは一年を通して、内湾の比較的沿岸部に近い場所や、汽水域の河口部に生息しています。しかし体長20cmを超え30cmに迫るコノシロが一年中シ―バスのエサになっているといえばそうではありません。春先などにコノシロの群れを見つけてもシーバスが付いていないことがほとんどです。パターンとして成立するのは、産卵期を控えたシーバス達が荒食いを始める秋から初冬にかけてでしょう。

コノシロパターンのルアー

20cmを超えるようなコノシロを追っているこの時期のシーバスは、やはり大型のルアーへの反応がいいです。小型のルアーでは、群れに埋もれてルアーの存在に気づかないのか、またはあえて大きなベイトにだけ固執しているのか、あまりいい反応は得られません。

そのためコノシロパターン攻略には、大きなルアー、派手なカラー、波動の強いルアー、音や水しぶきでアピールするルアーなどが好んで使われる傾向にあります。レンジは表層から中層を中心に、トップウォーター、ミノー、ウェイクベイト、バイブレーションなどを揃えるといいでしょう。

シーバス釣り【秋のコノシロパターンを解説】 ルアーの通し方4選とは?コノシロパターンのルアー(提供:TSURINEWSライター福永正博)

コノシロはどこにいる?

ルアーが揃ったところで、どこにコノシロがいるのか判断できなければコノシロパターンには辿り着けません。エリアとしては河川、サーフ、干潟、港湾どこでも群れが入っている可能性はあります。

陸っぱり

陸っぱりの場合、目視できる範囲でしか判断できませんが、水面がバチャバチャと騒がしかったり、カモメや鵜などの鳥が空から水面へダイブしていたりすれば大いにチャンスありでしょう。ウェーディングしていると、自分の足にコノシロがぶつかってきてわかることもあります。

カヤックやボートで魚探があれば、群れの有無だけでなくレンジまで把握できるため、かなり有利になります。

次のページで釣果に直結するルアーの通し方とは?!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。