東京湾のボートチニング釣行で本命低活性もシーバスにマゴチ好捕

東京湾のボートチニング釣行で本命低活性もシーバスにマゴチ好捕

9月23日(金・祝)、東京湾原木中山の週刊つりニュース協定・林遊船さんから、ソフトルアーでクロダイを狙うチニングに挑戦。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

林遊船でチニング釣行

潮位などの条件を考え、この日は正午付近で上げ潮に変わる午後船で出船。集まった釣り仲間4人は、私を含めて皆チニング初心者です。事前に船長からいただいた情報を基に、タックルや仕掛け類を準備。

12時30分に出船。到着したポイントは、水深2m前後の浅瀬。オープンウォーターで、右舷からも左舷からも遠くへキャストして広く魚を探っていきます。

使用したタックルは、7のSLJ専用竿に中型スピニングリール(PEライン0.6号、リーダー2.5号1m)。バッドがある程度しっかりしていて、竿先が軟らかい食い込みのいい竿が向いているようです。

10g前後のフリーリグに甲殻類系のワームをセッティング。クロダイは意外とナーバスなので、オモリはシルエットが小さいタングステン、ワームはナチュラルカラーがいいようです。まずは鉄板のグリーン系のグリパンチャートからスタート。

キビレ&マゴチ登場

船長によると、キャストして仕掛けが着底したら、タイラバみたいにボトムを這わせる要領でゆっくりと巻き続けるとのこと。ロックフィッシュのようにボトムをチョンチョンして釣るのかと思っていたので、イメージとずいぶん違っていました。

開始すると、「今日は潮が澄みすぎて厳しいかもしれません……」と船長がポツリ。その不安が的中し、厳しい時間が続きます。

開始から45分が経過したころ、左舷の田辺さんに突然のファーストヒット。釣れたのは、27cmのキビレです。

東京湾のボートチニング釣行で本命低活性もシーバスにマゴチ好捕キビレ登場(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

すると、今度は右舷の篠崎さんに40cmほどのマゴチ。高級ゲストに船上は盛り上がります。しかし、ここで突然の大雨。なかなかアタリが出ず、移動することに。

東京湾のボートチニング釣行で本命低活性もシーバスにマゴチ好捕マゴチもキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

シーバスのナブラ発生で爆釣劇

移動中、船長が何かを察知して急ストップ。ものすごいベイト反応で、シーバスのナブラが発生している模様。もしかしたら、サワラも突然跳ねるかもしれないと、キョロキョロ辺りを見回します。

毎年秋~冬にかけて、東京湾奥にコノシロの大群が溜まり、その群れについたランカーサイズのシーバスが浅場で捕食をします。

東京湾のボートチニング釣行で本命低活性もシーバスにマゴチ好捕シーバスヒット(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

トップ系のルアーを持参していた篠崎さんが、すかさず投げ込んでヒット。ここからシーバスの爆釣劇が始まります。私はバイブレーションを投入。着底後すぐただ巻きしてヒット。こんな予期せぬ嬉しいハプニングが起こるのも、東京湾の面白いところ。ミノーやバイブレーション、ジグなど、ルアーはなるべくいろんな種類を積んでおくと安心です。

次のページで待望の本命顔見せ!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。