サワラキャスティングゲーム攻略法 【誘い出しの基本操作を徹底解説】

サワラキャスティングゲーム攻略法 【誘い出しの基本操作を徹底解説】

サワラキャスティングではサワラが跳ねていてもなかなかヒットしないことが多々ある。今回はその難しい状況を打破するのに必要なことを解説する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山下洋太)

山下洋太

フィールドは三浦半島及び伊豆半島の地磯。ターゲットはロックフィッシュ。年間釣行回数は300回以上。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

人気のサワラキャスティング

サワラキャスティングとは、ボートからルアーをキャストしてサワラを狙う釣り。東京湾や伊勢湾を中心に、さまざまなエリアで人気が上昇している釣りだ。

サワラキャスティングでの釣り方は、サワラの跳ねやハミに向かってルアーをキャストして誘う方法が基本となる。

サワラの誘い出しとは?

サワラキャスティングで、「誘い出し」というワードを耳にしたことがある人も多いと思う。誘い出しとは、ルアーをトゥイッチやジャークと呼ばれる操作で動かし、サワラにアピールすること。

サワラキャスティングでは、超高速のただ巻きだけでなく、この誘い出しが釣果アップには必要なスキルだ。サワラキャスティング釣行前には必ずこの誘い出しを習得しておきたい。

誘い出しが必要になる状況

誘い出しが必要になるのは、ただ巻きやフォールだけではサワラからの反応がないときだ。サワラキャスティングでは、活性が高く、どんな釣り方でもサワラから反応がある日もある。一方で、サワラが跳ねてて、うまくルアーが入ってるのになかなか釣れない、そんなときには誘い出しが必要になる。

誘い出しの基本操作

先ほども述べた通り、サワラキャスティングでの誘い出しは、トゥイッチとジャークが基本となる。いずれもミノーで行う操作方法になるので、覚えておこう。

サワラキャスティングゲーム攻略法 【誘い出しの基本操作を徹底解説】ミノーで誘い出しを行う(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

トゥイッチ

トゥイッチとは、ロッドのティップを細かく振るわせるように操作し、ルアーを不規則に動かす方法。ミノーが派手に動くわけではないため、つぎに紹介するジャークよりもアピールは低めだ。またミノーが左右に飛ぶダートにはならないため、サワラのミスバイトが少なく、サワラカッターの被害に遭いにくい。

ジャーク

ジャークとは、ロッドを大きく煽ってミノーを左右に飛ぶように操作する方法。ミノーが左右に派手に動くため、サワラに対してハイアピールできるのがジャークの魅力だ。トゥイッチでもサワラからの反応が得られないときにはジャークを試してみよう。

トゥイッチとジャークの間も効果的?

トゥイッチでもジャークでも反応がないときには、トゥイッチとジャークの間くらいの操作も効果的だ。

具体的には、ロッドのティップを30cmほど下向きに動かし、ラインスラックを取る操作になる。この操作をするときには、ロッドを煽りすぎず、柔らかくルアーを操作するイメージが良い。

次のページで裏技は「超低速巻き」?!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。