シーズン終盤の渓流ルアー釣りで31cm尺アマゴ手中 雨と濁りが奏功?

シーズン終盤の渓流ルアー釣りで31cm尺アマゴ手中 雨と濁りが奏功?

シーズン終盤(十津川村の漁期は9月30日まで)の奈良県十津川村で、良型の尺アマゴを手にしたので、この時の様子をレポートしたい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター奈良鱒兵衛)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

十津川村で渓流ルアー釣り

9月17日(土曜日)、三連休の初日に奈良県十津川村へ良型アマゴを狙いに出掛けることにした。今回は十津川村でも人気河川でもある滝川へ入ろうと思う。狙いとしてはこの時期に本流から支流へ上がってくるアマゴを狙おうと、滝川でも下流部へエントリーすることにした。

釣り場に着いたのは午前6時、小雨が降ったりやんだりといった感じだ。ウエーダーに着がえてタックルの準備をするが、今回のタックルはトラウト用ロッド6ftにナイロンの4lbを巻いた2000番のスピニングリールをセット、ルアーはバルサミノー5cmでカラーはチャートヤマメを選んだ。

シーズン終盤の渓流ルアー釣りで31cm尺アマゴ手中 雨と濁りが奏功?滝川の釣り場風景(提供:TSURINEWSライター奈良鱒兵衛)

カワムツばかり

準備も出来たので6時30分に河原へ降りて川の様子を見るが、平水でクリアーだ。早速ルアーをキャストして様子をうかがうことにした。ルアーには反応しない魚が足元を走って行くのを見かけるが、アマゴでは無さそうだ。少しすると岩に着いた苔を食む姿を見かけたのでアユだとわかった。最近ではルアーでアユを掛ける釣り方も流行っているようなので、機会があればチャレンジしてみたい。

そして人気河川だけに無数の足跡もありかなりプレッシャーが掛かっているのも想像できる。そんな中ようやくルアーが着水と同時に反応がありヒット。まずはアマゴかと思えばカワムツだ。その後も時折ヒットするのはカワムツばかりでカワムツゲームになりそうだ。

シーズン終盤の渓流ルアー釣りで31cm尺アマゴ手中 雨と濁りが奏功?よく反応したカワムツ(提供:TSURINEWSライター奈良鱒兵衛)

休憩後に20cmアマゴ登場

2時間ほど休憩もしないで釣り上がってきたので、少し腰をすえて休憩する事にした。このころになると雨の止み間もなくなってきた。

休憩を終えて再開するが、雨で水面が叩かれてアマゴが居れば警戒心もなくなりヒットしそうなポイントが次々に出てくる。そうしていると小さな淵でギラリと光りヒットしたのはパーマークが入った綺麗なアマゴだ。サイズは20cmほどとまずまずだが、何より本命がヒットしたのは本当に嬉しい。

シーズン終盤の渓流ルアー釣りで31cm尺アマゴ手中 雨と濁りが奏功?1匹目のアマゴは20cm級(提供:TSURINEWSライター奈良鱒兵衛)

次のページでついに尺アマゴが登場?!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。