三重でのオフショアジギング&タイラバ釣行でサワラにマダイ登場

三重でのオフショアジギング&タイラバ釣行でサワラにマダイ登場

鳥羽では9月に入り青物が好調ということで、9月23日に三重県鳥羽市安楽島の強丸に、ジギング&タイラバ釣行に出かけた。当日はあいにくの大雨だったが、ジギングでサワラとハマチ、タイラバでマダイとまずまず釣果に恵まれたので、その釣行をレポートしたい。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

強丸でジギング&タイラバ釣行

当日は台風15号の接近に伴い、朝からあいにくの雨。雨具に着替え、準備と整えて午前6時前に出船。最初のポイントに着くと懸念された波は問題なかったが、やはり風が強くドテラ流しで釣りをスタート。ジグはセミロングのTBジグ180gを使用。ロングジグのアクションもショートジグと同じくアクションは小さく、スイミングさせるようにする。

すると早速中層でハマチがヒット。小さいがよく走って楽しませてくれる。幸先が良かったのでイージーな展開を期待したが、ここから我慢の時間が続く。当日は魚がなかなか口を使ってくれず、試行錯誤の時間が続く。

時合いにメーターサワラゲット

ショートジグはもちろん、フォール系ジグを試したり、ワンピッチのテンポを変えたりといろいろ試すがなかなかアタリがない。正午までハマチのバラシが1回と寂しい状況だったが、ようやく上げ潮が効き始めたタイミングでハマチがヒット。船中でもポツポツとアタりだし、チャンス到来だ。

時合いを逃さないよう集中してジグをアクションさせていく。すると着底後3巻きしてから、ワンピッチを入れると、ゴツンとしたアタリ。しっかりとアワセを入れてファイトスタートだが、中層まではするすると上がってくる。

ある程度引くためハマチのスレ掛かりかと思ったが、魚影が見えてくるとびっくり。引きから想像がつかなかった1mの大きなサワラだ。ナイスなゲストに思わず笑みがこぼれる。

タイラバで本命キャッチ

その後、タイラバに変更しマダイを狙う。こちらもなかなかアタリがない。ヘッドはいい感じで流れており、辛抱強くチャンスを待つと、終了間際で待望のヒット。ティップがよくたたかれており、どうやら本命のようだ。

三重でのオフショアジギング&タイラバ釣行でサワラにマダイ登場本命キャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

久々のタイの引きを楽しみながら、じっくり巻き上げてマダイをゲットしたところで、雨足も強くなりこの日の釣行は終了した。

三重でのオフショアジギング&タイラバ釣行でサワラにマダイ登場当日の釣果(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

最終釣果はサワラ1匹、マダイ1匹、ハマチ2匹だった。鳥羽沖では9月に入って青物が好調。秋にはサワラ、タチウオ、マダイも期待できるため今後も楽しみだ。

<週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
強丸
出船場所:鳥羽港
この記事は『週刊つりニュース版』2022年月日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。