【2022・秋冬】大阪湾沿岸タチウオ釣り攻略 ワインドでの釣り方を解説

【2022・秋冬】大阪湾沿岸タチウオ釣り攻略 ワインドでの釣り方を解説

今秋の大阪湾沿岸には、8月末からタチウオが接岸している。比較的早いスタートで、今後も初冬まで釣果が期待できる。ショアのルアータチウオの基本となるワインドリグでの釣り方と、ポイントの絞り込み方について、今のところの感触を絡めながら紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

秋冬のワインドゲーム

ショアのタチウオは、通常9月末くらいのスタート。11月頃が最盛で、反応が鈍くなりながらも、初冬まで釣れる。ほとんどベイトとなるイワシやアジの動きと連動するので、このような小型の回遊魚がいる海には、タチウオも気配アリと見込める。

【2022・秋冬】大阪湾沿岸タチウオ釣り攻略 ワインドでの釣り方を解説ワインドでタチウオ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ルアーでの釣り方としては、朝・夕のマヅメのワインドが基本となる。ワインドとは、ワームを左右に跳ねさせる動きのことで、専用のヘッドと、90mm~110mmくらいのワームを組み合わせて、ロッドとリールでアクションをくわえながらやる。

ワインドの基本と応用

タチウオワインドは、まず、ヘッドのウェイトから考えていく。一般的に1/4oz~1ozくらいだ。使用するPEラインの太さや、タチウオのレンジと、ポイントの水深に合わせてチョイスしよう。

ちなみに筆者の場合、PEライン0.5号運用・水深10mの海で、3/8ozか1/2ozくらいが頻用ウェイトである。

ワインドの基本操作

タチウオワインドの基本は、サオを上下にあおりながらリーリングするという操作だ。コレを3回か4回くらい繰り返して、一旦フォールさせる。ジャーキングの途中でも、フォールでもバイトがくるので、気が抜けない。慣れないアングラーは、デイの視認が利く状況で手前に投げてみて、どうすればキレよくリグが左右に跳ねるか、練習するといいだろう。

筆者の個人的な感覚で表現すると、ワインドもダートも、「リーリングでやる」という感じだ。リールのハンドルを下に押し込む動き、その反動でサオ先をグッと上げる。その説明を手振りをくわえて友人に教えていると、「ドラム叩いてるみたい」と言われたので、まあそんな風にも見えるのかもしれない。ともあれ、これが一般的なジャーキングである。

【2022・秋冬】大阪湾沿岸タチウオ釣り攻略 ワインドでの釣り方を解説ワインドリグは多彩に用意したい(提供:TSURINEWSライター井上海生)

筆者の個人的な釣果から言うと、今季の大阪湾沿岸では、この、いわば「ごく普通のワインドの動き」で、タチウオが簡単に口を使ってくる。あまり複雑なところはない。

スラックジャーク

さて、少し変則的な、「スラックジャーク」についても解説しよう。ちょっとした応用みたいなもので、ラインのスラック(たるみ)を使いながら、「左右に水平に滑らせる」ような動きを演出する。

まず、水中にリグを投じ、サオ先を立てた状態で、ラインテンション張らず緩めずの状態をつくる。そこから、サオ先をふっと下げてテンションを抜いてやって、ラインスラックを出す。そのスラックの分を、素早くリーリングで回収しながら、サオ先を上げてやる。「スラックを弾く」という表現が実際の感覚に近いかもしれない。

少しテクニックが要するが、エギングでも非常に有効な誘いなので、マスターしたい。

次のページで近年のタチウオは「場所ゲー」?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。