陸っぱりエギングで秋イカ顔出し 北九州周辺もいよいよシーズン本番か

陸っぱりエギングで秋イカ顔出し 北九州周辺もいよいよシーズン本番か

9月に入り、早いところではもう結構な釣果が上がっている秋アオリイカ。北九州近辺もちらほらと新子が見えているので調査に行ってきた。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

檜垣修平

こんにちは。檜垣修平と申します。海でのルアーフィッシングをメインにシーバス、メバルと遊んでおります!オールリリース派です。よろしくお願いします( ・∇・)

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

秋のアオリイカエギング

秋は、春に生まれた新子アオリイカたちが成長し、活発にエサを求めているころ。ハイシーズンは10月ごろになるだろうが、成長の早いイカは9月でも釣れるサイズになっている。SNSをみていると県外ではまずまずの釣果が出ているようだ。地域によってスタートに若干のラグがあるが北九州もそろそろか?

陸っぱりエギングで秋イカ顔出し 北九州周辺もいよいよシーズン本番かシーズン開幕の秋イカ(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

9月初旬は小さすぎて不発

9月に入ってすぐに台風が北九州付近を通った。その台風で荒れる前にちょっと釣り場を見ておこうと9月2日(金)に近場の漁港に出向いた。

漁港を見ているとホタルイカよりも小さいアオリイカの子供が船のロープ際にひっついている。触腕を広げて何か狙っているようだが狙っているものが小さすぎてよく見えない。潮の流れの効く常夜灯の下では5cmほどのコウイカの子供も流れに乗って通り過ぎていった。割とイカはいるようなのだが、小さすぎるのかこの日は結局イカを釣ることはできなかった。

台風後に再トライ

台風が過ぎて風の落ち着いた9月10日(土)。この日の満潮は9時ごろだった。寝坊したので遅めの10時ごろ釣り場に着いた。タイミング的には満潮からの下げ始めなので悪くはない。午後からは風が吹く予報だったので午前中勝負だと予想していたが、絶妙な向かい風がすでに吹いており釣りがしにくい。

とりあえず足下付近にチョイ投げして誘いをかけると、3匹ほどの新子がエギを見に来た。サクッと1匹目をゲット。

陸っぱりエギングで秋イカ顔出し 北九州周辺もいよいよシーズン本番かサクッと1匹(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

まだまだコロッケサイズといった感じだが、ようやくエギを抱けるサイズになったようだ。

その後もチェイスを掛けてくるイカをサイトフィッシングで掛けていく。風とうねりのせいでラインに出るアタリはまったくわからないので、沖から着いてきたイカを目視で見える範囲まで誘導しながら釣る。

陸っぱりエギングで秋イカ顔出し 北九州周辺もいよいよシーズン本番か偏光グラスは必需品(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

偏光グラスは必需品だ。自分は元々メガネ族なので、挟んで付けるタイプを使っている。

次のページで最終釣果は果たして?!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。