ボートキス釣りで17cm頭に本命46尾キャッチ 落ちギスシーズン開幕

ボートキス釣りで17cm頭に本命46尾キャッチ 落ちギスシーズン開幕

9月9日、大潮。今回も沓尾海岸沖のボートキス釣りにでかけた。落ちギスが連発した釣行をお届けしよう。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・浦野泰弘)

TSURINEWS編集部

船釣り ボート釣り

沓尾海岸沖でキス釣り

夏も終わり秋に入ると、キスたちは厳しい冬を迎える前、深場へと越冬する準備に入るため、荒食いをする。この時期の活性は高く力強くサオを絞り込むため、引きは最高潮に達する。また、この時期は良型ばかりが釣れるとあって、落ちギス釣りの人気は年々高くなる一方だ。

沓尾海岸は祓川河口にあり、川から大量の栄養素が流れ込んでくるため、川周辺にはたくさんの生き物が生息している。それを食いにくる魚も豊富だ。

ここは全て砂地ではなく、広範囲に渡り所々に泥の場所がある。泥と砂の見分け方は、10分程度サオを出してみればすぐに分かる。その間、アタリがなければアンカーを上げてみるとよい。この時、アンカーに大量の泥が付着していた場合は、その場所から東へ50mほど移動し、キスのアタリがあれば海底は砂なので、その場所で釣るとよい。

ボートキス釣りで17cm頭に本命46尾キャッチ 落ちギスシーズン開幕ポイント図(作図:週刊つりニュース西部版APC・浦野泰弘)

最初は大きなキスが釣れ、徐々に型が小さくなってきたらポイントをさらに50m移動する。この時の注意点は、できるだけ音を立てずに静かに移動すること。水深が3mしかない海域で、エンジンを高速回転させて移動すると、せっかく集まっていたキスを散らしてしまう。

好ポイントへ直行

仕掛けは、いつものオリジナル仕掛け「キスまっしぐら」を使用。エサは赤ケブ50gを購入した。

ボートキス釣りで17cm頭に本命46尾キャッチ 落ちギスシーズン開幕タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・浦野泰弘)

いざ実釣。自宅を午前5時に出発し、釣り場に到着したのが6時ごろ。同行者はムコウラさん。

ボートに荷物を積み込み出港、釣り場に到着したのが7時ごろだった。もうすぐ満潮なので、今まで釣行して一番キスが釣れた場所へと直行し、着いたらすぐに釣り開始だ。

17cm落ちギス登場

1投目から強烈なキスのアタリ、力強い引きがサオ先に伝わってきた。この時、すぐにアワセを入れるのではなく、必ずキスがエサを食うまで待つことだ。その後、ゆっくり仕掛けを動かした時、さらにアタリがあったなら軽くアワセを入れればよい。

サオに乗った次の瞬間、サオが大きくひん曲がった。釣れたのは、17cmの丸々と肥えた立派な落ちギスだった。見ると、ムコウラさんにもヒット。同型キスが釣れた。

ボートキス釣りで17cm頭に本命46尾キャッチ 落ちギスシーズン開幕シロギス好釣り(提供:週刊つりニュース西部版APC・浦野泰弘)

何尾か釣り上げるとアタリが止まった。こんな時はポイントを変え、新しい釣り場へ移動する。そして、前後、左右、今まで全く釣っていない釣り場に広く投げ分けることが必要だ。同じ場所でキスを2~3尾釣り上げるとキスが釣れなくなってしまう。

46尾キャッチで大満足

その後、満潮すぎて下げ潮に入ると、まさに落ちギスの入れ食いが始まり、気が付くとクーラーの中はキスだらけ。この日は、ここで納竿とした。

ボートキス釣りで17cm頭に本命46尾キャッチ 落ちギスシーズン開幕下げ潮に入ると入れ食いだった(提供:週刊つりニュース西部版APC・浦野泰弘)

私の釣果はキス17cmを頭に46尾の大漁節であった。ムコウラさんも同じような釣果だった。最後、周辺のゴミ拾いをして帰路に就いた。釣行時は、必ずライフジャケットの着用を。

<週刊つりニュース西部版APC・浦野泰弘/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
沓尾海岸沖
この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年9月30日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。