知床・ウトロからアキアジ(シャケ)を釣る 2日間で合計30尾超と快釣

知床・ウトロからアキアジ(シャケ)を釣る 2日間で合計30尾超と快釣

今年も始まったオホーツク海のアキアジ、今回は実釣ノウハウを全て伝授する。

北海道のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

前島宣秀

年間釣行80日、北海道から沖縄まで食べたい魚は自分で釣り歩く、ダイワ大好き釣りバカオヤジです。

×閉じる

船釣り エサ釣り

寂しくなったウトロ港

毎年9月のウトロ港はアキアジを求める太公望で溢れかえっているが、今年の港はいつもの活気が無い。準備編で述べた通りではあるが、アキアジ以外のシーズンを少しよくした程度であった。発想をかえれば取り分が増えることになるが、昨年の10匹から網走地区同様に斜里地区でもライセンスで5匹と決められた。

知床・ウトロからアキアジ(シャケ)を釣る 2日間で合計30尾超と快釣ウトロ港(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

手感度での釣り方

今回は第八平成丸の瀬川船長直伝の釣り方をご紹介する。これからご紹介する手感度の釣りの為にDEEPZONE180-210を愛用している。また、リールはシーボーグ500JPを使用、終日手持ちなのでなるべく軽くパワーのあるリールをお勧めする。

知床・ウトロからアキアジ(シャケ)を釣る 2日間で合計30尾超と快釣硫黄山を眺めながらしばしの休憩(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

フグの食わせ釣り?

釣り方のイメージはフグの食わせ釣りの手感度版と言うのだろうか?250号オモリでのゼロテン釣りだ。船の揺れを竿先でかわしながらなるべくイトを張った状態保ち、誘いはオモリを立てたり寝かしたりのレベル。大きな誘いは不要だ。

アタリは手感度、竿に伝わるコツやジワジワ感を即時にアワせる。アキアジがエサを吸い込む時の一瞬の発信をモノにする、これぞ釣った充実感満点である。

吸い込んだ後にハリ掛かりして魚が暴れた時に竿先が揺れるが、その前に釣る釣法であり、釣果は置き竿の軽く2倍以上差は出る。とはいえ、何しろ体力勝負の釣りでもある。

通称13番沖で釣り開始

今年から朝6時の出船になり、毎年見られた真っ赤に染まる知床連山の朝焼けが見られないのはとても残念だが、それにも増して、釣行初日の日曜日のかき入れ期になんと4人のドタキャンがあり4人での出港になったのはなんとも言えない気分である。

ウトロ港を出港して50分程度で、ここのところ好調だという通称13番沖の120mラインだ。反応はあるが、おさかな様のやる気がなく、早々にルシャ湾沖に移動した。

ファーストヒットはフグ

やはり120mライン、定置網が80mライン付近にあるがまだ岸寄りしていないようだ。はじめのアタリは大きなフグであった。昨今、特にフグが多く、蛍光玉や竿を動かしているとフグの餌食になるので、筆者は基本、誘いはほとんど行わない。

次のページでいよいよ本命のアキアジ(シャケ)が登場!!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。