相模湾LT五目釣りでカンパチにワラサ続々 食わせサビキ仕掛けで連発

相模湾LT五目釣りでカンパチにワラサ続々 食わせサビキ仕掛けで連発

カンパチが絶好調なので、9月14日(水)に相模湾茅ヶ崎のまごうの丸に釣行。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・野田栄)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

まごうの丸で食わせサビキ

4時45分に到着。通常はイナダ・カンパチLT船なのだが、今シーズンはカンパチがとくによく、6号ハリスを切られるサイズも回遊しているので人気急上昇。19人が乗船し、古山拓也船長の操船で6時に出港。

相模湾LT五目釣りでカンパチにワラサ続々 食わせサビキ仕掛けで連発店舗外観(提供:週刊つりニュース関東版APC・野田栄)

この日は私がパーソナリティをしているラジオの釣り番組で、前日告知に応じたリスナーのウリ坊さんが参加してくれた。並んで右舷トモ寄りに座る。

相模湾LT五目釣りでカンパチにワラサ続々 食わせサビキ仕掛けで連発エボシ岩周りがポイント(提供:週刊つりニュース関東版APC・野田栄)

ポイントは港を出てすぐのエボシ岩周り。水深は18mで「15mから上を探って」とのアナウンス。当日のタックルは負荷40号の2.4m竿、中型両軸リールにミチイトPEライン3号。中型片天ビンにFLサイズのプラカゴ。2.5mmクッションゴム30cmを付け、ハリス5号の船宿カッタクリ仕掛け(バラフグとハモ皮)。

ここでの釣り方は、食わせサビキでイワシやアジを掛け、そのままの位置キープでアタリ待ちするのだが、エサが付かないうちはカッタクリ有利との船長アドバイスで、手釣りのカッタクリの人も。

1kg級カンパチ好キャッチ

数分後、左舷でカンパチが釣れだした。その直後、私の左隣の人に1kg級カンパチ。群れが回ってくると船中あちらこちらでアタる。

私には16、17cm級。その直後、「きたぁ」と、この釣りは初めてのウリ坊さんに待望のアタリ。強い引きをうまくかわして1kg級をタモ取りし、笑みがこぼれる。すぐに足元の海水バケツで血抜きし、クーラーの氷でしめる。

食いがひと段落したところで小移動。入念に潮回りし、ベイト反応の上に乗せて再開。このころからウルメイワシが着きだし、食わせサビキの人にもアタリが出だす。

キロオーバー連発

圧巻は胴の間の釣り人で、1kg級カンパチを一荷半(3尾)。この方はイワシが付いた10mタナで、置き竿釣法。私も食わせサビキで1kg級を上げるが、ウリ坊さんは「これは大きいよ」と、キロオーバーを連釣。ハリ掛かったカンパチを追い、水面下に群れの仲間が右往左往している。こうなると、手返しで船べりから垂らした仕掛けに食いついて釣れてしまった人もでるほどの好活性に。

相模湾LT五目釣りでカンパチにワラサ続々 食わせサビキ仕掛けで連発美味なカンパチをゲット(提供:週刊つりニュース関東版APC・野田栄)

そんなとき、ラジオの生中継時間に。皆さんにインタビューと、船長にこの釣りの手軽さや見通しを話してもらい、ちょうど女性がカンパチを取り込んでいたので、実況して無事終了。

その後、再開した私の投入途中にアタリがでたが、ハリス6号が瞬切れ。ウリ坊さんも強烈なアタリでハリス切れ。すると、胴の間で置き竿の女性に60cmオーバーのワラサがタモ取られた。ハリス7、8号の食わせサビキを使用していた。

次のページで最終釣果はクーラー満タン!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。