神奈川の堤防ウキダンゴ釣りで50cm「年無し」クロダイキャッチ

神奈川の堤防ウキダンゴ釣りで50cm「年無し」クロダイキャッチ

9月9日(金)は、大潮で満潮が朝の3時すぎ、干潮が10時半。朝の仕事段取りを済ませて、神奈川県の江の浦港に釣行した。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

江の浦港でウキダンゴ釣り

9時に到着。この場所は、有料だが駐車場も完備されている。数人の釣り人がいたのであいさつをし、釣果などを聞きながら釣りの準備。

狙いはクロダイ。エサ取りを考慮し、ウキダンゴ釣りをする。まずは、ウキダンゴ用のコマセ作り。マルキユーから発売されているダンゴ釣りの定番・紀州マッハ1袋をベースに、細びきさなぎ、チヌパワー、を少量加えさらに集魚効果を高めるためアミ姫(キャップ付きで常温保存ができ、あまってもOKで次回も使える)を加える。

神奈川の堤防ウキダンゴ釣りで50cm「年無し」クロダイキャッチ釣り場の様子(提供:週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰)

コマセが完成して仕掛け作り。大型クロダイ、口太メジナなどもヒットする可能性がある江の浦港。磯竿0.8号5.3mに2000LBリール、ミチイト2号、ハリス1.75号にチヌバリ2号。ウキは自作立ちウキ。

タナオモリをハリに付け、ある程度のポイントを探りタナを測った。海底は砂地だが、足下から数mは捨て石らしき物がある。タナをセットして、付けエサにはオキアミ、コーン、サナギ、練りエサを用意。まずは、オキアミでスタートした。

年無しクロダイ浮上

潮は緩やかに右に流れている。3投目にアタリがあり25cmほどのカイズがヒット。エサ取りのキュウセンベラ、アイゴなども掛かる。さらに、デカいボラも引きを楽しませてくれた。

神奈川の堤防ウキダンゴ釣りで50cm「年無し」クロダイキャッチファーストヒットはカイズ(提供:週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰)

干潮から上げに入ったころ、再びアタった。けっこうな引きを感じながら、慎重にやりとり。無事にタモ入れしたのは、50cmのクロダイ。

神奈川の堤防ウキダンゴ釣りで50cm「年無し」クロダイキャッチ釣りあげた年無しクロダイ(提供:週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰)

久しぶりの年なしで気合が入りダンゴを手際よく打つが、その後は口太メジナがヒットしただけ。潮の動きも止まる状態で、キタマクラ、ゴンズイと掛かったのでやむなく納竿。周辺の掃除をして帰路に就いた。

江の浦港は堤防先端でイシダイを狙ったり、アオリイカ釣りをするなど、魚影の濃い釣り場。駐車場、トイレが完備されているのでファミリーフィッシングにも最適な場所だろう。

<週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
江の浦港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年9月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。