宇和海イカメタル釣行で51匹 数釣り狙える往復ビンタ釣法とは?

宇和海イカメタル釣行で51匹 数釣り狙える往復ビンタ釣法とは?

8月23日、こんぴら丸を利用して愛媛県の宇和海でイカメタルを楽しんだ。今回は、今年も2回挑戦した山陰エリアのイカメタルゲームとの違いを紹介しながら、宇和海の数釣りでの注意点と秘訣を紹介したい。

愛媛県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

濱堀秀規

徳島県在住の濱堀秀規(ハマちゃん)と申します。「地球は僕らの遊び場さ」と磯釣りや船釣りで1年どこかの海を駆け回っています。得意技はフラれる事、特にお魚に。釣り記事以外にも、徳島の農産物と食を題材に「浜ちゃんのうまいモノ絵日記」と題したコラムを10年以上毎月連載中。マルキユーフィールドスタッフ。1級小型船舶操縦士。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

往復ビンタ釣法

「往復ビンタ釣法」と名付けているが、皆の誘い方を見ていると、だいたいの人が、誘い上げて止める釣り方か、もしくは、誘い下げて釣る方法のどちらか一手で釣っている。ボクシングでも片手のパンチでは勝てないように、左ジャブ、右ストレートと、両方の手でパンチを繰り出すように、イカの誘い方も、誘い上げて止める、誘い下げて止める。と上げても下げても、イカを釣るようにすれば、タナを往復で攻めることができるのでイカが釣れる。皆さんも、食いが悪くなったら、誘い上げと誘い下げの両方をやってみて、釣果をのばしていかがしょうか。

この日私は、前半12匹と振るわなかったが、後半39匹で合計51匹となり、最終的には、前半絶好調の右舷の4名と同じくらいの釣果になった。よかったよかった。後半は、必殺仕事人、往復ビンタ釣法のおかげだった。

宇和海イカメタル釣行で51匹 数釣り狙える往復ビンタ釣法とは?往復ビンタ釣法でスパート(提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

今季のイカはいつまで?

今年の宇和海のケンサキイカのシーズンはまだまだ続くと予想している。前半は、芳しくなかったが、8月後半になって、型も大きくなり、サオ頭も100匹を超える釣果が船長のwebで報告されている。

心配なのは、台風である。台風が来ると、釣りに行けないのはもちろんのこと、台風後には、大荒れの波や潮にたたかれた、イカは数が大きく減るからである。今年は9月になっても、まだまだ続くケンサキイカの予感がする。

釣行できたら、目一杯楽しむよ。だって地球は僕らの遊び場だもの。

宇和海イカメタル釣行で51匹 数釣り狙える往復ビンタ釣法とは?利用した浜渡船(提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

<濱堀秀規/TSURINEWSライター>

▼この釣り船について
こんぴら丸
出船場所:宇和島新内港

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。