九頭竜川でのトモ釣りで26cm頭にアユ8匹 良型中心に満足

九頭竜川でのトモ釣りで26cm頭にアユ8匹 良型中心に満足

長雨が続き、各地で河川の氾濫や大水で思うようにアユ釣りに行けない日が続いたが、ようやく水が落ち着いた。8月29日、岐阜県の郡上方面へ足を向けたが、釣り人の数が多い。いい場所には20人近く陣取っていたので、少し足を伸ばし、福井県大野市の九頭竜川上流・奥越漁協管内へ友人3人で向かった。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・大西實)

Avatar photo TSURINEWS編集部

淡水の釣り アユ釣り

26cm頭に8匹キャッチ

午後からは目の前のチャラ瀬を攻めるが、どこも反応がない。少し下流の分水の細い方に入ると、浅瀬でアユを発見。草むらに隠れてオトリを下流からゆっくり送り込む。なじませた瞬間にギューン。気持ち良く楽しんで20cmを追加した。

九頭竜川でのトモ釣りで26cm頭にアユ8匹 良型中心に満足当日の釣果(提供:週刊つりニュース中部版APC・大西實)

けれど、遊び過ぎたのでアユの姿がなくなってしまった。近くを探すがどこにも見当たらないので、少し早いが午後4時に納竿した。釣果は20~26cm8匹だった。

アユ釣りはいよいよ終盤。もう少しだけど頑張りましょう!

<週刊つりニュース中部版APC・大西實/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
九頭竜川
問い合わせ:奥越漁協 TEL=0779(78)2155
この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年9月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。