陸っぱり夜釣りで45cm頭にヒラスズキ連打 電気ウキ仕掛けで手中

陸っぱり夜釣りで45cm頭にヒラスズキ連打 電気ウキ仕掛けで手中

維和島周辺(熊本県上天草市)で、ヒラスズキの食いが活発化してきた。8月30日に釣行した際は、1時間のサオ出しで納得の釣果に恵まれたので、レポートしよう。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

ヒラスズキの釣期

維和島周辺のヒラスズキは夏から初冬の夜釣りでよく釣れる。アオムシをエサにした電気ウキ仕掛けで狙う人が多く、型は30cm前後のセイゴ級が大半。まれに45cmほどのフッコ級が交じる。

陸っぱり夜釣りで45cm頭にヒラスズキ連打 電気ウキ仕掛けで手中維島周辺図(作図:TSURINEWSライター松田正記)

電気ウキ1投目から本命

この日は午後9時過ぎに同島に着いた。実績のあるポイントは、先客の電気ウキがあちらこちらに浮かんでおり、シーズン入りを感じさせる。私は東大維橋近くの護岸に釣り座を構え、すぐに準備に取りかかった。

ウキは落下衝撃に強いLFスマート、ハリは細身で刺さりがいい速手チヌを選択。タナを1ヒロ半とり、サオ下から探りを入れた。

潮の流れは速く、20mほど流した時、1投目からウキがスポッと消えた。アワセを入れると確かな手応え。小気味いい引きを味わいながら、浮かせたのは30cmを超す本命だった。

陸っぱり夜釣りで45cm頭にヒラスズキ連打 電気ウキ仕掛けで手中当日のタックル(作図:TSURINEWSライター松田正記)

スナメリに苦戦

上々の立ち上がりに期待したが、後が続かない。それどころか2~3頭のスナメリが近くまで寄ってきて釣りにならない。スナメリは次第に増え、4~5頭に。それでも手返しを続けたが、反応はなく時間だけが過ぎていった。

次のページで手前の浅場狙いで本命の追加に成功

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。