山形での源流エサ釣りで35cm頭にイワナ好捕 親子で秘境を釣る

山形での源流エサ釣りで35cm頭にイワナ好捕 親子で秘境を釣る

夏といえば源流のシーズン。今年も秘境の大イワナが私を待っている。しかし近年、局地的な大雨が頻繁に各地で発生していて、釣行には十分注意しなければならない。8月中旬、山形県を流れる寒河江川の源流を息子と2人で狙った。

山形県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 上谷泰久)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

寒河江川で源流釣り

6時、下流の車止めから川に沿って山側にあるきのこ道を歩く。山に道がある場合は、川通しで歩くより体力を節約できる。

まもなくきのこ道がなくなり、ここからは川歩きだ。水温は16度。日の差す広河原はアブの数がすごい。明るいはずの広河原なのに、周囲が暗くなるほどの大群で襲ってくる。虫除けは必須で、愛用のアブ専用・鬼ヤンハッカスプレーで上半身をガード。

下流域は、ほとんど魚影はない。ひたすら上流を目指すこと2時間、水深が深く両岸が高い岩壁となっている流れにたどり着く。歩いて遡行できないこのような難所は「通ラズ」と呼ばれ、山側を高巻きするか、泳いで突破するかのどちらかである。

山形での源流エサ釣りで35cm頭にイワナ好捕 親子で秘境を釣る「通ラズ」を泳いで突破(提供:週刊つりニュース関東版 上谷泰久)

私はこの「通ラズ」の岩壁の窪みや出っ張りなど、手を掛けたり足を置けて泳ぎの最中にひと休みできるポイントを知っているので、泳いで突破。実際、この場所は巻くにも「大高巻き」となり滑落の危険が伴う。泳力に自信があれば泳いで突破がオススメだ。

30cm級が連続ヒット

この「通ラズ」を越すと、イワナの影がちらほら見えるようになる。大きな滝で竿を伸ばしてみた。エサはミミズ。

すると、30cm級が連続でヒット!何度入れても同じサイズの魚が釣れる。まるで金太郎飴みたいだ。

山形での源流エサ釣りで35cm頭にイワナ好捕 親子で秘境を釣る30cmオーバーも出た(提供:週刊つりニュース関東版 上谷泰久)

さらに上流を目指すにつれ、サイズアップ。私は34cm、息子は35cmを釣り上げた。源流では魚ほど重い荷物はなく、釣ったイワナはすべてリリース。

まさに、ここはイワナの楽園。当日の目標地点は最上流にある秘境の滝だ。次々にヒットする魚の濃さだが、エサを節約しないとならなくなった。

先行者に遭遇

一旦、竿を仕舞い、滝を目指して歩くと、途中から私たちと別の新しい人間の足跡が出てきた。

この川は隣の山からショートカットできる道があって、近道をして秘境の滝を目指す者がいる。嫌な予感だ。まもなく、テントが張ってあって数人で食事した形跡が。その周辺を釣ってみたが30cmに満たない小さなイワナしか釣れない。どうやらこれ以上先を目指しても大イワナに巡り合うことは叶わないだろう。

先行者はどんな人たちなのか?足早に上流を目指すとすぐに追いついた。東京から来た2人のフライフィッシャー。三日間かけて楽しんでいるという。仲よく情報を交換し、お互いの安全釣行を誓ってここで引き返すことにした。

秘境の滝までは行けなかったが、まずまずのサイズは釣れたので楽しい釣行となった。

<週刊つりニュース関東版 上谷泰久/TSURINEWS編>

▼この釣り馬について
寒河江川
この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年9月2日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。