晩夏の揖保川でアユトモ釣り満喫 大アユ狙いで27cm級を2匹手中

晩夏の揖保川でアユトモ釣り満喫 大アユ狙いで27cm級を2匹手中

8月26日(金)久しぶりの時間が取れ、ホームグラウンドの揖保川に釣行してみました。今回の釣行ターゲットは、26cmオーバーの良型アユ!やや太仕掛けのタックルで挑んだ当日の模様をリポートします。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター森雨魚)

森雨魚

魅惑的な渓流魚や美しいアユとの出会い。そして、釣り人の一生懸命を皆さんにお伝えさえて頂きます。

×閉じる

淡水の釣り アユ釣り

まずはオトリを購入

いつもお世話になる山崎の「オトリ店・蕾」に午前7時過ぎに到着し、河川の水温上昇と急瀬のオモリ装着の大アユ釣りということを考慮し、オトリを4匹購入。親切に対応して下さるオーナーの「頑張って!行ってらっしゃい!」のエールを背に中流域のお目当のポイントに向かった。

晩夏の揖保川でアユトモ釣り満喫 大アユ狙いで27cm級を2匹手中いつもお世話になる「オトリ店・蕾」(提供:TSURINEWSライター森雨魚)

水合わせは丁寧に

通称「盗人岩」のポイントに入川を決めて、早速水合わせをすることに。河川水温を計れば24度、早朝のため水温は安定しており、あまり時間はかからなさそうだ。

10分ほどで水合わせを終えて、複合メタルラインを0.175ラインに張り替え、仕掛けの手尻の長さも調節。良型アユに対応するためにハリは、8号のキツネバリ3本イカリでスタートした。

タックル

サオ:剛流 9.0m
仕掛け:複合メタル 0.175号(完全仕掛け)
ハリ:3本イカリ(8号)・3本チラシ(8号)
オモリ:3号(イエロー)

1匹目は痛恨のバラシ

沈み石の連なるザラ瀬のポイントへ移動し、少し泳がせてオトリの様子を伺うことにした。水合わせもうまくいきオトリもベスト・コンディションのようだ。逆上げのサオ操作で、ようやく対岸のヘチ際で鮮明なアタリが出た。

チューブラ穂先をゆっくりと引き上げてフッキングさせると、いきなり強烈な引きがロッドに伝わってきた。「待ってました!」と独り言を言いながらサオのテンションを保って引き寄せようとしたとき、不運なバラシ。どうやら掛かりが浅かったようだ。手元に帰ってきたオトリは虫の息。スタートからちょっとへこんでしまった。

晩夏の揖保川でアユトモ釣り満喫 大アユ狙いで27cm級を2匹手中やや水深のある瀬からスタート(提供:TSURINEWSライター森雨魚)

27cm級アユ登場

2匹目の養殖オトリに2号オモリを装着し心機一転。瀬頭から少しずつ釣り下ると、目印が下流に「スパッ!」と消し込むアタリでた。「しめた!」爽快なアタリに気分をよくしながら少し下って、慎重に手元に引き寄せて御用としたアユは、ゴン太のメス。手尺で仮測定しても27cmオーバーは確実だ。

嬉しい1匹となったが、これをオトリに使うわけにもいかず、3匹目のオトリの登場となる。そして、すぐにヒット!瀬の流心を流れに乗って下ろうとする掛かりアユを止めて川岸に引き寄せ、慎重にタモに取り込んだのは、ちょっとサイズダウンの25cmサイズ。

次のページで27cm超登場!!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。