渓流ルアー釣りのミノーセッティング 【テールフック1本だけはアリ?】

渓流ルアー釣りのミノーセッティング 【テールフック1本だけはアリ?】

「なぜスプーンはフック 1 本でも問題ないのにミノーはベリーとテールにで2本なのだろう」、ある日こんな疑問が頭に浮かび、筆者は今シーズンの夏からこの「テール1本でのミノーイング」を実践しています。今回はその経験から得られた感想を共有したいと思います。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター小峠龍英)

小峠龍英

少年時代より雑魚釣りからバスフィッシングなど様々な釣りに親しみ、北海道移住をきっかけにトラウトフィッシングに傾倒。4月から川が凍るまで時間を作っては足繁くフィールドに通っています。

×閉じる

ルアー&フライ トラウト

渓流トラウト釣り

渓流トラウトフィッシングではミノーを使うのが主流になっています。筆者ももちろんミ ノーを多用する人間ですが同時にスプーンも愛用しています。本流ではほぼスプーンのみ、渓流でもスプーン縛りで釣り上がったりすることもあります。

フックに疑問

そんな中でふと思ったのが、「なぜスプーンはフック1本でも問題ないのにミノーはベリーとテールにで2本なのだろう」、で「ミノーもテール1本でもいいんじゃないだろうか?」そこで筆者は今シーズンの夏からこの「テール1本でのミノーイング」を実践してみました。

※大前提として筆者の使うルアーは全てシングルバーブレスフックに交換しています。

渓流ルアー釣りのミノーセッティング 【テールフック1本だけはアリ?】シングルバーブレスフックをリアだけに(提供:TSURINEWSライター小峠龍英)

テールフック1本のメリット3選

まずはテールフック1本のメリットを三つ紹介します。

根掛かりの激減

ミノーのフックセッティングをテールフック1本にすることの一番のメリットは、根がかりの激減です。これは標準でついているトレブルフックからシングルフックにかえるメリットとしてもよく言われていますが、テールフック1本のみにしてから根掛かりでミノーを失ったことはありません。

ライン絡みも減少

もう一つのメリットは、トゥイッチング時にベリーフックがラインを拾わない、というものです。ベリーフックがラインを拾ってせっかく大物がチェイスしてきたチャンスを無駄にする、ピンスポットにキャストが決まったのに無駄にしてしまった、という場面はこの釣りをやり込 んでいる人なら誰もが一度は経験していることでしょう。ベリーフックにフック自体ないので、あのトラプルが絶対に起きないこのメリットは絶大です。

魚へのダメージ軽減

魚へのダメージ軽減も見過ごせないメリットです。シングルバープレス2本で釣りをしていて、キャッチした魚がネットの中で暴れてフリーだったベリーフックがネットに絡まり余計なダメージを魚に与えてしまうトラブルは、いつも気がかりでした。

特にクレモナ糸で編み込んだネットだと、目も当てられません。キャッチアンドリリースの釣りをしている以上、魚へのダメージを軽減させる努力はするべきだと感じていました。そう言う意味でも今回の試みは意義があると感じています。

渓流ルアー釣りのミノーセッティング 【テールフック1本だけはアリ?】シングルバーブレスのリア1本で釣ったヤマメ(提供:TSURINEWSライター小峠龍英)

次のページで気になるバラシは増える??

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。