愛知の船カワハギ釣りで24cm頭に10匹 30cm級ヒットも無念のバラシ

愛知の船カワハギ釣りで24cm頭に10匹 30cm級ヒットも無念のバラシ

開幕したばかりの夏カワハギ狙いで8月11日、愛知県・南知多町師崎港の石川丸に乗船した。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

石川丸で船カワハギ釣り

右舷トモに釣り座を構えタックルの準備をする。サオはシマノのステファーノMH180にミチイトPEライン1号を巻いたステファーノ200をセット。仕掛けは自作胴つき3本バリで、ハリはダイワのスピード7号。オモリは30号統一で、エサはアサリのむき身だ。

愛知の船カワハギ釣りで24cm頭に10匹 30cm級ヒットも無念のバラシタックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘)

午前5時30分に出船し、45分でポイントに到着。多少のウネリはあるものの釣りには全く支障はなさそうだ。船長の合図で釣り開始。投入すると、潮がミヨシからトモに流れているようで、ラインが斜めになって止まった。底をキープして誘いをかけながら手前に引いてくるが、すぐにアタリはなかった。

しかし1投目から右舷ミヨシの人には良型カワハギがヒット。潮先では幸先良いスタートとなっているようだ。

良型カワハギ順調にヒット

しばらくすると右隣の人に良型カワハギがヒット。直後にも1匹追加して順調に数を伸ばしている。右隣の人は大きく誘ってアピールしている。

私も大きく4~5回誘った後に底で仕掛けを止める時間を1~2秒にして、アタリがなければ再び大きく誘う。しばらくすると、誘っている途中に違和感。誘いを止めると、コンコンとアタリが出た。

すぐにサオを立てると、独特の引きが伝わってきた。水面近くの激しい抵抗をかわして引き抜いたのは、20cmの良型カワハギ。ホッとしているとアシスタントが「ミヨシの人はもう5匹釣っているよ」と教えてくれた。

30cm級ジャンボサイズ取り逃がす

集中力を高めて誘いをかけ、サオ先の微妙な動きに神経を集中する。すると、すぐに反応があったのでサオを立てるとヒット。慎重に取り込んだのはサイズアップの22cmだ。

誘いは合っているようですぐに次がヒットしたが、リールを巻き始めた時に軽くなって痛恨のバラシ。気を取り直して全てのハリのアサリを新しいものに替えて投入すると、すぐにアタリがあったが今度もリールを巻く途中でバレてしまった。

愛知の船カワハギ釣りで24cm頭に10匹 30cm級ヒットも無念のバラシ当日の釣果(提供:週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘)

その後も5匹釣る間に5回バラシで、なかなか数が伸びない。その後当日一番の30cm近いジャンボカワハギがヒットしたが、取り込み時にハリス切れでポチャン。プカプカ浮いていたのでタモですくおうとしたが、あと少しでタモが届かずに帰ってしまった……。後々悔いが残りそうだ。

次のページで後半追い上げツ抜け達成!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。