今週の関東ヘラブナ推薦釣り場2022【長野県・聖湖】

今週の関東ヘラブナ推薦釣り場2022【長野県・聖湖】

まだまだ残暑がきびしい。本当に今年はどうなってしまったのか。こうなると恋しくなるのが標高1000mクラスの高原湖だ。なかでも長野県麻績村にある聖湖は避暑釣行にはもってこい。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

聖湖の概況

長野県東筑摩郡麻績村にある聖湖は水面標高約1000mの人造湖。桟橋完備で魚影も濃く、数釣り派・のんびり派のどちらも楽しませてくれるのはうれしい。首都圏からのアクセスはいいとは言えないが、多少ムリをすれば日帰り釣行も可能だ。

今週の関東ヘラブナ推薦釣り場2022【長野県・聖湖】概況図(作図:週刊へらニュース伊藤さとし)

釣りは桟橋のみで陸釣りは禁止。竿制限は21尺。生きエサは禁止でタナは自由。基本はノーフラシだが、8人以上の例会であれば事前申請してフラシを使用できる(1フラシ10kg)。放流効果もあり魚影はかなり濃く、高活性なら束釣りも狙える。

直近の釣況はやや食い渋り。これはお盆に行われた花火大会の爆音が影響したとのことで、時間の経過とともに元の状態に戻るだろう。

ポイント

この時期、もっとも人気があるのが日陰になりやすい白樺桟橋、通年入釣者が絶えないのは駐車場から至近の一本杉桟橋だ。この2本の桟橋は常日ごろエサ打ちされているので魚の寄りがよく、アタリ出しも早い。ただし、そのぶんエサ慣れしたIQの高い魚が相手となる。

今週の関東ヘラブナ推薦釣り場2022【長野県・聖湖】一番人気の白樺桟橋(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

多少歩いてもいいのなら崖・公園下桟橋がお勧め。前述の2本ほど混雑せず、それでいて魚影もまずまずなので楽しめるはずだ。

今週の関東ヘラブナ推薦釣り場2022【長野県・聖湖】崖桟橋(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

街道桟橋は水深が浅いので、どちらかと言えば不人気。ただし、それは中~短竿の宙釣りをやるならの話であり、長竿の底釣りであれば何ら問題はない。逆に混雑感もないので、ハマれば大釣りがあるかもしれない。ただしボート桟橋から至近なので、まれに遊びボートのジャマが入るかもしれない。

次のページで聖湖での釣り方とエサを解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。