宮城での泳がせヒラメ釣りで70cm頭にトップ17尾 好シーズン到来

宮城での泳がせヒラメ釣りで70cm頭にトップ17尾 好シーズン到来

宮城の海に今年もヒラメ釣りシーズンが到来。狙うは一発大物の高級魚だが、仕掛けもタックルもシンプルで親子・夫婦・初心者も楽しめる。天然のツブ根が点在する好漁場・亘理沖に繰り出した。

宮城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 菅野順也)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

大海丸でヒラメ釣り

釣行は8月6日(土)で、亘理荒浜港の大海丸へ。数日前まで大雨が降り続いたので、きつい濁りが予測された。しかし、港を出て10分走るとすっかりクリアな潮に変わり、私の気持ちも期待に変わった。

「今シーズンも例年どおり水温上昇とともに活性が上がってきました。この海域は釣り物が数多くありますが、ヒラメの人気は特別ですね。しばらくはヒラメ一本に絞って出船ですよ」と舵を握る山川大海船長がにこやかに話す。

第五大海丸は航程50分で天然のツブ根が点在する水深35mのポイントに到着。「エサのマイワシを10匹配りました。中盤にもう一度10匹配りますので、ていねいに扱ってください。さあどうぞ」と山川船長よりアナウンスで開始。

開始直後から本命顔見せ

投入して底取りをすると、すぐに数本の竿が曲がった。夫婦と奥さんのお父さん3人で釣行の安彦美祐さん(仙台市)は「前回は船酔いしてしまいましたが、しっかり睡眠をとることを学習してきたので今日はバッチリです」と、船中ファーストヒットに歓喜。

宮城での泳がせヒラメ釣りで70cm頭にトップ17尾 好シーズン到来幸先よくゲット(提供:週刊つりニュース関東版 菅野順也)

隣の音緒さんは「私が釣りをしたくて2人を誘いました。自分も釣れて妻も楽しんでいるので、最高の一日ですね」と良型の本命で続いた。

70cm頭に良型続々ヒット

東北旅行を兼ねて夫婦で釣行の田村美津子さん(草加市)は「ヒラメ釣りは2回目です。前アタリがあってから待っている間のドキドキ感がたまらないですね。またサイズアップしましたよ」と55cmを釣り上げた。

宮城での泳がせヒラメ釣りで70cm頭にトップ17尾 好シーズン到来良型キャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 菅野順也)

美津子さんのエサ付け~タモ入れと大忙しだった浩幸さんは「下から1mのタナでドカンと食いました。何度も引き込んでなかなか上がりませんでした」と船中最大となる70cmを浮上させた。

宮城での泳がせヒラメ釣りで70cm頭にトップ17尾 好シーズン到来船中最大サイズ70cmゲット(提供:週刊つりニュース関東版 菅野順也)

次のページで船長が上手く釣るコツを紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。