クロダイフカセ釣行:チビッ子釣り師大奮闘の巻!【三重県・迫間浦】

「年無し釣りました。デカいチヌが浮いてますよ」と釣友から情報が入り、浮いているならフカセ釣りで狙ってみようと8月後半に釣行、50cmを頭に5匹の釣果だった。けれどラインブレイクも多々あり課題が残ったので、後日再び挑戦した模様をお届けする

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り施設 イカダ&カセ

3投目でいきなりのアタリ!?

当日のタックル図

当日は同行者が1人。小学5年生だがフカセ釣りが大好きで、クロダイもグレも50cmオーバーを釣っているという恐るべしチビッ子釣り師の藤井勇人君だ。

午前7時、受付を済ませて前回と同じポイントに釣り座を構える。

釣り座前方に浮いているカキイカダ。この中にいるクロダイを誘い出して狙うので、イカダの際に集中してマキえさを打つ。

カキ棚は水深8m前後まで沈んでいるので、タナはサオ2本前後が狙いめだ。前回の釣行である程度把握しているので、今回は3Bのウキでサオ2本分落とす。カキ棚の下層部にハリス部分を漂わせるイメージだ。

3投目、仕掛けがなじむ前にラインが走りだした。「えっ、もう食ったか?」とアワセを入れるが、時すでに遅し、カキ棚に入られて痛恨のラインブレイク。

前回はクロダイが釣れるまで2時間ぐらいかかったが、当日はなんと3投目。バラシは痛いが、クロダイが浮いて活性は高いと逆にワクワクしてくる。

早々に本命3尾ゲット!

カキ棚より少し手前にマキえさを打ち、そのまた手前に仕掛けを投入。カキ棚から少し距離を取る。

先手必勝と少しの反応でもアワせられる態勢で打ち返すと、数投後にアタリ。ウキが少しだけ押さえられた時に間髪入れずアワセを入れた。

サオが絞り込まれて胴から曲がる。カキ棚に走ろうとするクロダイとの攻防だ。サオを信じて耐えていると、観念したのか手前に出てきた。これでひと安心、あとは徐々に浮かせてタモ入れだ。サオ出しから数十分で48cmをキープした。

筆者に48cmがヒット!

すぐにストリンガーに掛けて次を狙う。40cmと38cmと3匹を釣ったところでチビッ子釣り師の勇人君がお父さんとやって来た。彼は前日もこの場所に来ており、短時間のサオ出しながら50cmを釣ったそうだ。

次ページでちびっ子釣り師にヒット!