ヘラブナ釣り上達への道しるべ【豊英湖本湖で地ベラを狙おう⑤】

今月のテーマは「豊英湖本湖で地ベラを狙おう!」千葉県君津市にある豊英湖は大きく分けると川筋と本湖方面になる。前者は魚影が濃く例会などで上位入賞者が続出するエリア。一方の本湖は数は出ないが釣れれば良型地ベラの可能性が高い。今回はその後者を戸張が地ベラ狙いで挑戦する。ポイント選定のコツや釣り方など、戸張が知っている範囲でガイドしてくれる。第5回は型をそろえるための極意とは?

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

オーソドックスに狙え

豊英湖本湖はそもそも放流物の数は少ない。

釣れれば旧ベラ、または良型地ベラとなる。そして本湖で釣るからにはできれば型をそろえたい。

そこで型物を釣る極意みたいなものがないか戸張に聞いてみた。

戸張 誠

あいにく極意は持ち合わせていません。口数が少ないエリアの釣りとなるのですから確率を上げる釣りと答えるしかないですね。」

 

確率ですか?

戸張 誠

「はい。まずはアタリを出すことに集中です。型は問いません。
とにかくどうすればアタリを時速できるか。アタリを確保できたら次はヒット率です。

なるべくスレさせないように釣るのも重要な要素でしょうね。
ヒット率が上がれば、あとはそれを持続させるだけですが、この時に早く釣ろうと考えないことです。

数釣りだとどうしても早いアタリを狙っていきがちになりますが、良型地ベラがターゲットなら、深ナジミさせて触りを出しそこから連動するアタリに的を絞って、それでもアタリが続くかが見極めることも大切です。」

 

話を聞いていると極意でも何でもなく、いわゆるオーソドックスな釣りともとれるのですが?

戸張 誠

「まさにそのとおりです。
良型狙いだからと言って何も特別なことはありません。タナに魚を凝縮させてそこからのアタリを持続させる。やることはそれだけですから。

 

そうしてアタリを出しヒット率を上げ、あとはそこに何枚良型が交じるかってことなのですね?

戸張 誠

「はい。良型だけに的を絞ったからと言ってそればかり釣れるなどあり得ない話です。ただし精度を上げることはできます。それができたらあとは決めるのは運のみ。
3枚に1枚良型が交るか。それとも2枚に1枚か。そういう問題になると思います。」

次ページで釣り方を解説!