ルアーフィッシングでのスランプ脱出方法ベスト5 ベテランほど危険?

ルアーフィッシングでのスランプ脱出方法ベスト5 ベテランほど危険?

釣りに熱中すればするほど陥る可能性が上がる「スランプ」。今回は、ルアーフィッシングでスランプに陥ってしまった時の対処方法をランキングで紹介します。スランプで釣りが嫌いになる前に、ぜひとも読んでいただきたいと思います。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

Avatar photo
宮坂剛志

ボート、ウェーディングなしの100%陸っぱりアングラー!陸っぱりからのシーバスフィッシングの楽しさを追求して行きます!

×閉じる

その他 お役立ち

ルアーフィッシングのスランプ

ルアーフィッシングにありがちな、全く釣れなくなるスランプ。ある日をきっかけに、それまで釣れていた魚が全く釣れなくなる現象で、誰もが一度は経験があるのではないでしょうか?

タックルも、読みも、ルアーさえも、その日の状況下でベストなセッティングで、いつもなら釣れる事間違いないのに、なぜか?ゲストすら掛からない。アタリすらない。ボラにも見放され、それが何ヶ月も続く。こんな事ってないでしょうか?

ルアーフィッシングでのスランプ脱出方法ベスト5 ベテランほど危険?気配はあるのに何をしても全く釣れない(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

ネガティブな感情

もちろん、ルアーフィッシングなので、その日と同じコンディションなどありえず、釣れない日が続くのもわかります。しかし、それがいつまでも続くと、自分はこのまま一生釣れないんじゃないか?と、いうようなネガティブな感情が生まれます。これこそがルアーフィッシングをやり込む方が陥りやすいスランプなのだと思います。そして、釣りにストイックであればあるほど抜け出しにくいのです。

楽しさと真剣さの両立

スポーツもそうですが、そもそもスランプに陥る方は真面目な傾向があります。釣りもただの遊びとは考えない。何事にもひたむきなその情熱が、迷路へと入り込んでしまっている。その”迷う事”が楽しい!快感だ!というような、特殊な感情の方もいますが、真剣に釣れなくなってしまうと、釣りそのものが重たく感じます。

ようするにバランスです。真剣さと楽しさを自分の中で、どのように両立させるか?それこそがスランプをなくす近道ではないでしょうか?それでは難しく考えるより、ランキング方式で、脱出方法を見ていただきましょう。もちろん筆者の独断と偏見による方法なので、悪しからず。

5位:他の釣りをする

釣りはルアーフィッシングだけ!って人は少ないと思いますが、中にはシーバス釣りを極めたい!と思うように、他の釣りは極力しないって方も多いのではないでしょうか?そのストイックで頑固な考えこそ、本物のアングラーだと思いますし、かっこいいです。でも、一度スランプに陥ると抜け出せないのもこの考えの人です。筆者もこれに近いですが、そんな時こそ柔軟に考えていつもと違うジャンルの釣りをするのがオススメです。

なんでもいいです。サビキ、ヘラブナ、テナガエビエビ、シロギス……。とにかくルアーフィッシングとはかけ離れた釣りをしてみてはいかがでしょうか?気持ちがわかるのはもちろん、ひょっとすると新たなルアーフィッシングの楽しみ方や、釣り方のヒントに出会えるかもしれません。そうなれば、いつの間にかスランプなんて忘れているはずです。

ルアーフィッシングでのスランプ脱出方法ベスト5 ベテランほど危険?他の釣りからスランプ脱出のヒントを探る(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

4位:イメージトレーニング

モータースポーツをやる方などは、コースのレイアウトやライン取りなど、様々なイメージトレーニングをするそうですが、釣りでも有効だと思います。自分がよく行く釣り場のレイアウト、ルアーのトレースの仕方、ランディング……などなど、釣りに行かないからこそわかる事ってあると思います。

そして、イメージトレーニング通りに魚をキャッチできれば、知らずと釣りのウデは上がって行くでしょう。しかし、実際は甘くなく、なかなかイメージ通りには釣れないでしょう。だからかといって止めてしまうのではなく、修整を加えながら釣れるまで続けて行けば、スランプなど忘れてしまいます。

ルアーフィッシングでのスランプ脱出方法ベスト5 ベテランほど危険?イメージトレーニングも突破口に(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

次のページでベスト3の発表

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。