堤防フカセ釣りで本当にあった怖い話3選 ゾクゾクよりワクワクかも?

堤防フカセ釣りで本当にあった怖い話3選 ゾクゾクよりワクワクかも?

連日の猛暑が続く日本列島。暑さを凌ぐ方法といえば、クーラーが最も有効かもしれませんが、日本には申し訳ひとつ伝統的な方法があります。それが「怖い話」です。今回は、釣り人にしか分からない釣り場で本当にあった怖い出来事を紹介します。もしかすると、涼しくならずに、興奮してしまうかもしれませんが。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

Shunichi_Sugimoto

静岡在住の釣り好きです。季節ごとその時に釣れているターゲットを狙って一年中釣りを楽しんでいます。解説記事をメインに釣果レシピや釣行記も執筆中。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

堤防フカセ釣り

フカセ釣りと言えば磯釣りのイメージが強いですが、身近な堤防からでも十分楽しめる釣りです。堤防フカセの魅力はエントリーのしやすさと安全性で、足場の良さは堤防ならでは。磯釣りデビューの前に堤防で練習するのもオススメです。魚を掛けてからのやり取りや取り込みまでの流れを身に付ける練習場所として活用すれば磯釣りでも必ず役に立ちます。

大物も狙える

自由度の高さも堤防フカセの魅力で、夏場は暑さを避けられるマヅメ狙いや夜釣りもオススメです。マヅメや夜は大型の魚が動き始める時間帯と重なり、思わぬ大物がヒットしてくることも。堤防フカセで一発大物を狙ってみてはいかがでしょうか。

堤防フカセ釣りで本当にあった怖い話3選 ゾクゾクよりワクワクかも?手軽に楽しめる堤防フカセの釣果(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

体験した怖い出来事

筆者も大好きな堤防フカセですが、釣行中に何度もヒヤッとしたエピソードがあります。堤防は人の生活圏内から近い場所も多く、磯ではまず起きないであろう珍事件やハプニングの温床です。ただし、筆者にとってはこれも堤防フカセの魅力だと捉えています。筆者も過去には何度かヒヤッとしたハプニングに遭遇しています。小さな出来事なら思い出せば思い出すほど出てきますが、中でも特に印象的で強烈な出来事を紹介します。

人が流されてきた!?

堤防フカセにおいても潮は欠かせない要素です。もちろん、潮に乗って様々なものが流されて来ます。漂流物が流される方向や速さで潮の動きを確認するなど、場合によっては情報源として活用することも。しかし、時折とんでもないものが流されて来てヒヤッとさせられます。

ある日、何事もなく堤防からフカセ釣りを楽しんでいたら遠目に何かが浮いているのが見えました。潮に乗って少しずつ近づいてきたので目を凝らしてみると…人のような形をしています。周囲の釣り人も流されてきたものを確認してまさか人が流されてきたのでは…?と緊張感に怖さが混じったような空気が漂っています。

さらに近づいてきたので恐る恐る正体を確認すると…何と、流れて来たのはマネキンの一部。ホッと一安心すると同時に、なぜマネキンが流されてきたのかとツッコみたくなるエピソードでした。

次のページでヒットした魚に近づく黒い影?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。