関門一つテンヤ釣りで良型マダイ手中 低活性時はステイより誘いが重要

関門一つテンヤ釣りで良型マダイ手中 低活性時はステイより誘いが重要

本州と九州の間を通る関門海峡は、マダイの好漁場である。今回は真夏のマダイを狙ってきた様子をレポートする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

檜垣修平

こんにちは。檜垣修平と申します。海でのルアーフィッシングをメインにシーバス、メバルと遊んでおります!オールリリース派です。よろしくお願いします( ・∇・)

×閉じる

船釣り エサ釣り

朝マヅメが勝負

関門一つテンヤ釣りで良型マダイ手中 低活性時はステイより誘いが重要関門RYUSEI(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

今回はいつもお世話になっている関門RYUSEIに乗船。いつも釣らせてくれる気さくな船長の船だ。前日の船長との電話では昨日、一昨日と朝に良型釣果が集中しているので当日も朝イチ勝負になるようだ。いつもより少し早めた5時に出船となった。

タックルは専用ロッド、もしくはそれに類似する物を使用する。代替品としてエギングロッドや短めのシーバスロッドでも可能だ。自分は硬めのメバルロッドでいつもやっている。リールは各社3000サイズ前後にPEライン0.6~0.8号がいい。テンヤは5~10号程度までを流れの速さと水深に合わせて使う。

関門一つテンヤ釣りで良型マダイ手中 低活性時はステイより誘いが重要テンヤにセットしたエビ(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

7月18日(月)、午前5時を少しすぎたころに出船。最干潮が6時ごろ。前日まで好調だったポイントで釣りを開始した。

船長に大物ヒット

水深15~20mラインのポイントを行き来する。先日好調だった場所はあまり反応がなく、転々と移動を繰り返す。あまり潮の抵抗感もなく、流れがイマイチ走っていない。8号のテンヤから5号に軽くする。

関門一つテンヤ釣りで良型マダイ手中 低活性時はステイより誘いが重要1匹目は塩焼きサイズ(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

つつくようなアタリをなんとかアワせて塩焼きサイズが上がってきた。アタリは多いがハリ掛かりしないサイズなのかエサだけが取られていく。

この日は朝にやむを得ない事情で欠席が出たので横で船長も操船しながらサオを出している。船長がいいアタリと同時に渾身のフッキング、強烈なファーストランの後、バレてしまった。

関門一つテンヤ釣りで良型マダイ手中 低活性時はステイより誘いが重要伸ばされた孫バリ(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

孫バリを伸ばしていくほどの大物だったが、食いが渋いようで掛かりが浅かったようだ。大型の気配はあるがなかなか魚が見えない。

ステイよりとにかく誘う

アタリがない人ほどステイが長い。日によっては動かさない方がいい時もあるが、テンヤ釣りにおいては誘いを多くしたほうが魚からの反応が増えることが多い。

この日も積極的に誘いをかけている方が魚からのコンタクトは多かった。ただ仕掛けを動かすだけでなく、ゆっくり誘いあげたり機敏に動かして止めたり、誘いのバリエーションも多岐にわたる。

ゆっくりがいいのか、きびきび動かした方がいいのかはその日の海に聞くしかないので色々と試してみよう。

次のページで最終釣果を発表!!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。