玄界灘の夜焚きイカ釣りで3ケタ釣果 胴突き仕掛けで入れ食いを堪能

玄界灘の夜焚きイカ釣りで3ケタ釣果 胴突き仕掛けで入れ食いを堪能

玄界灘の夜焚きイカ釣りの状況が知りたかったので、福岡県宗像市・鐘崎港の第八大安丸に連絡すると、雨が降った後は上向きになったとのことで、7月11日に中沢さんと上杉さんと私の3人で釣行した。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・久恒重喜)

TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

第八大安丸で夜焚きイカ釣行

午後4時30分、港に集合。空を見ると雲が出ているので満月目前だが月明かりの心配はなさそうだ。船長が来たのであいさつをし、同船者が7人いるので釣座を聞くと私が右舷前より2番目、次に中沢さん、トモに上杉さん。クーラーに氷をもらったら道具を積み込み5時10分に出船。

港を出ると雨が降り始めたが、進行方向の空は明るいので通り雨だろう。1時間30分ほど走ったところでエンジンがスローになり釣り場に到着。船長は船を止めて潮の流れを確認し、流し始める位置を決めるようだ。

玄界灘の夜焚きイカ釣りで3ケタ釣果 胴突き仕掛けで入れ食いを堪能タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・久恒重喜)

7時すぎにパラシュートアンカーを入れ釣り開始。空がまだ明るいのでゆっくり準備をする。オモリは120号で下2個をエサ巻きにし、残り5個は市販の浮きスッテを自分で改良したものを取り付けた。

仕掛けを入れると電動リールのカウンターが38mで止まったので、水深は55mくらいだろう。底を1mほど切ってサオをラークに取り付けてイカのアタリを待つ。トモの井上さんにイカが釣れたので、リールをスロー巻きにして時折サオを大きく上げて誘いをかけるがハリ掛かりしない。

ゴールデンタイム突入で入れ食い

7時40分、待望の集魚灯が点灯して本格的なイカ釣りが始まった。

8時すぎ、リールの巻きスピードを4にして巻き上げていると、この日最初のアタリがあり胴長20cmほどの夏イカが釣れると、その後は底から15m上でアタリがありトリプルで釣れた。

玄界灘の夜焚きイカ釣りで3ケタ釣果 胴突き仕掛けで入れ食いを堪能同船者のクーラー(提供:週刊つりニュース西部版APC・久恒重喜)

急いで仕掛けを入れると、同じタナで再びアタリがありまたしてもトリプルで釣れ、ゴールデンタイムに突入したようで入れ食い状態となった。

巻きスピード上げても追い食い

イカがよくハリ掛かりするスッテを見ていると、この日は頭が赤いスッテがいいようなので、赤白を中心にすべてに赤を含めエサ巻きスッテも交換した。巻き上げも4にしていたが、船長から「入れ食いになった時は巻きスピードを上げて釣った方がいいですよ」とアドバイスを受け、スピードを6に上げて釣るがよく追い食いをしてくる。

玄界灘の夜焚きイカ釣りで3ケタ釣果 胴突き仕掛けで入れ食いを堪能同船者の釣果の一部(提供:週刊つりニュース西部版APC・久恒重喜)

7個のスッテに4~7尾ハリ掛かりするので一気に釣果が伸び、イカをクーラーに入れる暇もない。浮きスッテ、イカメタル、オモリグなどを使用している人たちも入れ食いを楽しんでいる。

11時ごろには35Lのクーラーが満タンになったので、食料入れのクーラーへ入れることにした。胴長15~25cmのイカがこれだけ釣れれば十分だ。

次のページで2個目のクーラーも満タンに!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。