三重のタイラバ釣行でアヤメカサゴにキジハタ 釣果の秘訣は食わせの間

三重のタイラバ釣行でアヤメカサゴにキジハタ 釣果の秘訣は食わせの間

7月15日に三重県志摩市和具漁港から出船する遊漁船でのジギング&タイラバ釣行の様子をレポートしたい。今回の釣行は天狗堂知立店の上杉店長の声かけで、遊漁船をチャーターして実現したものだ。グループで参加している人もいれば単独参加の人もおり、三重県のジギング人気の高さがうかがえた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

五目ジギング釣行

この日の釣行では100m前後のカケアガリを狙うとのことで、午前6時に出船して30分ほどでポイントに到着。ターゲットは根魚やマダイ、青物などを広く狙っていく五目ジギングだ。

三重のタイラバ釣行でアヤメカサゴにキジハタ 釣果の秘訣は食わせの間タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

ひと流し目からオオモンハタなど

80mのポイントで、ジグをボトムからワンピッチで誘っていくがアタリがない。何度か底を取り直していると、あちこちから歓声が上がる。

振り返ると、ひと流しめからヒラメやオオモンハタが上がっている。

三重のタイラバ釣行でアヤメカサゴにキジハタ 釣果の秘訣は食わせの間オオモンハタを釣り上げて笑顔(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

タイラバにかえアヤメカサゴ

アタリが出ないジグにしびれを切らして、タイラバにチェンジ。すると着底直後に、サオ先が細かく引き込まれるようなアタリが出た。

そのままゆっくりリーリングしてしっかり乗ったのを確認してから巻き上げると、赤い鮮やかな25cmほどのアヤメカサゴだ。

三重のタイラバ釣行でアヤメカサゴにキジハタ 釣果の秘訣は食わせの間タイラバに食ってきたアヤメカサゴ(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

立て続けに同型のアヤメカサゴを追加したが、ここでアタリが止まってしまう。

店長のアドバイスでアタリ復活

上杉店長はハイペースでアヤメカサゴを中心にオオモンハタ、オジサン、アカハタなどを次々と釣っていく。

三重のタイラバ釣行でアヤメカサゴにキジハタ 釣果の秘訣は食わせの間絶好調だった天狗堂の上杉店長(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

タイラバを追わせてから、食わせる間のステイが必要だとレクチャーを受け、その通りにしてみると、アタリが復活。さすが!

三重のタイラバ釣行でアヤメカサゴにキジハタ 釣果の秘訣は食わせの間アヤメカサゴに笑顔の筆者(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

次のページで大物ヒットしたが……

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。