沼津のレンタルボートでのルアー釣りで80cm級ワラサにオオモンハタ

沼津のレンタルボートでのルアー釣りで80cm級ワラサにオオモンハタ

そろそろ夏潮。が、ホームの伊豆西海岸は久しく芳しくない。どうやら、沼津湾奥エリアにベイトが集結している様子。それも岸にほど近い所で。沖でキメジの跳ねや、ワラサクラスのナブラ。少し前には、ショアからもメーター級のブリが上がった。それならばと、7月11日、レンタルボートでお手軽オフショアジギングへと出かけた。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山口悟)

山口悟

地元伊豆半島(主に西岸)を中心にショアからオフショア、ライトからビッグゲームまで精力的?に釣行中。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

沼津湾奥の近況

仲間からの情報だと、タカベが表層に群れていてそれに30cm程度のショゴが着いているらしい。ショアからでも仕事帰りの短時間釣行で、複数匹釣れているとのこと。ベイトは他に、マイワシの幼魚、サバっ子など。頻繁に見られたワラサクラスのボイルは減ったものの、まだ回遊はしているみたいだ。

沼津のレンタルボートでのルアー釣りで80cm級ワラサにオオモンハタ表層のタカベの群れ(提供:TSURINEWSライター山口悟)

当日の状況、天気、海況

天気は快晴。お昼過ぎまで凪、のち東風が徐々に強まる予報。若潮明けの中潮、満潮3時、干潮10時。それなりのタックルで備えるか?それとも……。タックル選択に迷ったが、「ショゴの刺身が食べたい!」ということで、SLJメインのライトタックルで楽しむことにした。

当日のメインタックル

ロッド: スクランブル S63UL-FS、プロパゲートBLX-2+
リール:ルビアスLT3000、グラップラー301
ライン:PEライン0.6号、PEライン1号
リーダー:フロロカーボン5号、フロロカーボン8号
ルアー:ジャベリンジェット30g、サムライジグ40g、タイニースパンキー60g

沼津のレンタルボートでのルアー釣りで80cm級ワラサにオオモンハタ今回のメインタックル(提供:TSURINEWSライター山口悟)

レンタルボートで出艇

自宅より15分ほど、重須の原丸さんより25馬力の船外機付きレンタルボートにて出船。4時30分に出船するつもりが、近いが故にのんびりし過ぎ、完全に日の出後の出船になってしまった。

5時30分、淡島西岸を目指す。西面のため、朝日の差し込みが遅くローライトの時間帯が長い。つまり、朝マヅメの時間帯が長い。まずは、目視でベイトを探す。

沼津のレンタルボートでのルアー釣りで80cm級ワラサにオオモンハタ朝マヅメを引きずる淡島西岸(提供:TSURINEWSライター山口悟)

ファーストヒットはワカシ

幸先よく、水面にタカベの群れを発見。観察していると、たまに何かがこの群れに突っ込んで捕食している。ジャベリンジェット30gを、群れの先に投げて表層からチェック。反応がないので、レンジを下げる。

シャクってくると、何かが群れでジグをチェイスしてくる。船底に気付かれる前に、再度ジグをボトムまでフォールさせる。着底後、ベイトの群れに差し掛かる手前まで、早めのワンピッチで上げてくる。ベイトに差し掛かる手前でフォール。明確なアタリにアワセを入れる。ファーストヒットはワカシ。

沼津のレンタルボートでのルアー釣りで80cm級ワラサにオオモンハタファーストヒットはワカシ(提供:TSURINEWSライター山口悟)

桟橋周辺で30cmショゴ

繰り返すと、ジグの後ろにショゴの群れも確認できる。チェイスはあるが、ヒットまで至らない。タカベの群れを目視しつつ、魚探でその下のフィッシュイーターの反応を探す。表層のタカベの群れが桟橋の真沖に差し掛かる。同時に、ショゴの群れが桟橋の下に入って行くのが見えた。

ピンときて、桟橋の先端付近にジグを送り込む。早速、フォール中にヒット。真下に突っ込むトルクのある引き。狙い通り30cmほどのショゴ。キーは、桟橋先端にタカベの群れが入ってきたタイミング。橋桁に隠れていたショゴが、飛び出して捕食行動に入る。

沼津のレンタルボートでのルアー釣りで80cm級ワラサにオオモンハタ狙い通りショゴをキャッチ(提供:TSURINEWSライター山口悟)

ボトム狙いでオオモンハタ

付近でそのタイミングを図りながら、表層のタカベの群れ&その下のフィッシュイーターの反応を魚探で探す。ボトムに張り付く反応。落とすと、オオモンハタがヒット。同じような反応で、オオモンハタを3匹追加。その後、桟橋パターンでショゴ3匹も追加。

潮止まりに近づき、ハタ狙いにシフトすることに。そのタイミングで、ワラサクラスのボイルが発生。試しに、ダイビングペンシルを投げるが反応なし。ボイルも単発で終了。深追いせずに、ポイント移動することにした。

沼津のレンタルボートでのルアー釣りで80cm級ワラサにオオモンハタオオモンハタをキャッチ(提供:TSURINEWSライター山口悟)

足保沖でアカハタ登場

足保沖まで、5分ほど走ることに。強い夏の日差しに、風が心地いい。背後からの風のため走行中は気にならなかったが、ポイントに着くと東風が吹き始めていることに気付く。ベイトタックルに持ちかえ、タイニースパンキー60gでボトム付近をスローに狙う。

東風に押されながら、ポイント手前から水深30m付近をドテラで流す。表層付近にベイトは見当たらない。魚探にもベイト反応が入ってこない。しかし、反してアタリは多い。落とす度に、ササノハベラ、エソ。狙いではないが、それなりに楽しめる。カケアガリ+入り組んだ岩盤に差し掛かった。刹那に待望の重量感のあるアタリ。30cmほどのアカハタが登場だ。

沼津のレンタルボートでのルアー釣りで80cm級ワラサにオオモンハタアカハタ登場(提供:TSURINEWSライター山口悟)

次のページで待望のビッグバイト!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。