三重・釣り桟橋でのチョイ投げ釣りでキス12匹 引き釣りで狙うのが吉

三重・釣り桟橋でのチョイ投げ釣りでキス12匹 引き釣りで狙うのが吉

三重県鈴鹿市の白子港緑地・釣り桟橋へ、チョイ投げキス調査に行ってきた。調査結果は、手返しよく手持ちサビきで小型主体ポツポツと12匹の釣果となった。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤拓摩)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

白子港緑地でチョイ投げキス釣り

サーフからのキス情報も聞こえてきた。そこで7月上旬、台風がやってくる前に陸っぱりでキスが釣れるか調査に出かけた。

前日の夕方に釣具店でイシゴカイを購入し、エサ箱のまま冷蔵庫に保管。目的地は三重県鈴鹿市の白子漁港に隣接する釣り桟橋だ。

三重・釣り桟橋でのチョイ投げ釣りでキス12匹 引き釣りで狙うのが吉白子釣り桟橋略図(作図:週刊つりニュース中部版APC・伊藤拓摩)

白子港緑地として整備されており、公園内には駐車場やトイレもある。釣り桟橋には安全柵と救命箱が設置されているので、安心して釣りが楽しめる。

三重・釣り桟橋でのチョイ投げ釣りでキス12匹 引き釣りで狙うのが吉白子港緑地公園(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤拓摩)

当日の釣り桟橋の状況

涼しい時間帯を利用して午前4時半に到着すると、週末ということもあってすでに駐車場は車でいっぱい。大人気だ。少し待っていると1台空いたのでラッキー。駐車して釣り具をコンパクトにまとめる。

南側に広がる鼓ケ浦では、投げ釣りやサーフフィッシングの釣り人がサオを振っている。

三重・釣り桟橋でのチョイ投げ釣りでキス12匹 引き釣りで狙うのが吉鼓ヶ浦の釣り風景(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤拓摩)

釣り桟橋の中央付近はチョイ投げでキス、先端周りではタコ釣りやサビキ釣りの人がいたが、まだ少人数だった。

三重・釣り桟橋でのチョイ投げ釣りでキス12匹 引き釣りで狙うのが吉早朝の釣り桟橋風景(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤拓摩)

間もなく雲間から太陽が顔を出すと急に暑くなってきた。先端付近で様子を見ていたが、タコもサビキも不調のようだ。中央に戻ってキスのチョイ投げ仕掛けをセッティングしていると、次々に釣り入がやってきた。グループやカップル、そしてファミリーの姿も見え、早朝からあっという間に満員御礼状態、にぎやかになった。

三重・釣り桟橋でのチョイ投げ釣りでキス12匹 引き釣りで狙うのが吉あっという間に満員御礼状態(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤拓摩)

小型主体にポツポツ

潮回りは中潮で、満潮が午前7時2分、上げ潮狙いとなる。イシゴカイを半分にカットしてハリに刺してチョイ投げする。仕掛けが着底したら、イトフケを取ってから少しずつリールを巻いてサビきながら誘う。途中でグンと重くなったため巻き上げたが海藻だった。

次は少し遠くへ投入。ゆっくりサビく引き釣りで探ると、プルプルとサオ先にアタリが出た。小型のキスだったが、今シーズン初の美しい魚体のキスに見惚れてしまう。周りでもポツリポツリとキスがヒットしているようで歓声が聞こえてくる。

キスはいるので、もう1本サオを出して置きザオにする。手持ちのサオはサビきながらアタリを待つ。ピンギスの仕業なのか、プルンとアタってもハリ掛かりしないパターンがあるので、手返しを繰り返して小型キスを追加していった。

置きザオにアタリが出たので上げると、小型のヌメリゴチでリリース。プルルルルンとサオ先を引き込むアタリに、サイズアップした16cmのキスの引きを楽しむ。置きザオのサオ先が震えて期待したが、またヌメリゴチとヒトデが付いていた。

やはりサビいた方がキスの食いはいいようだ。良型は出ないが小型キスをポツポツとゲット。

次のページで最終釣果を発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。