九頭竜川ルアーシーバス釣りで60cm超本命7匹 バイブレーションで連発

九頭竜川ルアーシーバス釣りで60cm超本命7匹 バイブレーションで連発

アユのトモ釣りが解禁してからアユ釣りばかり行っており、気付いたら7月も中旬。すでにリバーシーバスも本格化しているだろうと思い、7月17日は福井県坂井市の九頭竜川河口へシーバスを狙って釣行。日中のウェーディングでシーバスが連発したので、その模様をリポートする。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・小松大祐)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

九頭竜川河口でウェーディング

今年の梅雨は早々に明けたが、戻り梅雨で全国的に雨模様のなか、九頭竜川河口に着いたら気持ちよく日差しが降り注いでいた。今回はデイゲームでポイントは河口付近に絞った。

九頭竜川の河口は広大でアシで覆われており、ウェーダーを履いたウエーディングのスタイルが効率的に攻めやすい。ポイントに着き、早速ウェーダーを履いて入水する。

九頭竜川ルアーシーバス釣りで60cm超本命7匹 バイブレーションで連発九頭竜川の広大な河口(提供:週刊つりニュース中部版APC・小松大祐)

鉄板バイブを遠投

この時期の九頭竜川は水温が安定してきてシーバスの活性も高く、デイゲームでも活発にルアーを追いかけてくるので面白い季節だ。デイゲームではルアーを見切られにくくするために、小型のバイブレーションやミノーを速巻きしたりアクションを付けたりして操作すると、魚からの反応を得やすい。

早速14gの鉄板バイブレーションを付けて、広大なオープンエリアを扇状に遠投していく。キャスティングに慣れている人だと100m以上は飛ばすことができるので、広範囲を探ることができる。

九頭竜川ルアーシーバス釣りで60cm超本命7匹 バイブレーションで連発タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・小松大祐)

開始早々にシーバス登場

キャスティングを開始して数投目だろうか、速巻きしていると、ひったくるようなアタリの直後、遠くにシーバスのエラ洗いが確認できた。「よし、きた!バレるなよ」。バイブレーションは自重があり、エラ洗いでフックアウトしやすいので慎重に寄せる。

ロッドで魚をいなしながらリーダーを手繰り寄せ、フィッシュグリップで無事捕獲。風光明媚なポイントで元気いっぱいなシーバスとのファイトは、何回味わっても格別に楽しい。

九頭竜川ルアーシーバス釣りで60cm超本命7匹 バイブレーションで連発開始早々にヒットしたシーバス(提供:週刊つりニュース中部版APC・小松大祐)

釣友にも本命ヒット

続いて同サイズを追加。釣友も同様にバイブレーションを使ってシーバスをヒットさせたようで、やり取りを楽しみ無事ランディングに成功していた。

しばらくキャストを繰り返すが、アタリが遠のいてしまったのでポイント移動を決断。アタリがなくなったら、思い切ってフレッシュなポイントに移動すると、好釣果につながることが多い。

九頭竜川ルアーシーバス釣りで60cm超本命7匹 バイブレーションで連発釣友にもヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・小松大祐)

次のページでブレイク狙いが的中で本命連発 !

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。