埼玉県で子供と一緒に清流エサ釣り満喫 婚姻色に染まる美しい魚と対面

埼玉県で子供と一緒に清流エサ釣り満喫 婚姻色に染まる美しい魚と対面

7月10日(日)、埼玉県日高市を流れる高麗川へと午前中に小物釣りへ行き、午後は子供と一緒に埼玉県新座市を流れる黒目川で小物釣りという『清流リレー釣行』を親子で楽しんだ結果、合計釣果35尾の好釣果を得た釣行をレポートしよう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

なおぱぱ

ライター紹介文→関東を中心に季節問わず1年中釣りを楽しんでおります。執筆しながら色々と成長をしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

×閉じる

淡水の釣り 小魚釣り

高麗川

同河川は『苅場坂峠』を源として飯能市、日高市、入間郡毛呂山町を流れ、坂戸市で越辺川に合流する河川である。淡水小物釣りとなると日高市~坂戸市あたりに人気があるようだ。

今回釣行したエリアは日高市付近を探ってみた。同地は交通アクセスも楽で周囲の景観も良く自然を感じる事の出来るエリアである。

埼玉県で子供と一緒に清流エサ釣り満喫 婚姻色に染まる美しい魚と対面魚影が濃かった高麗川のポイント(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

黒目川

同河川は『さいかち窪』を源として東久留米市、新座市、朝霞市を流れて行き新河岸川へと合流する川である。小物釣りでも人気が高く、様々な淡水魚が釣れることで知られている。新河岸川との合流点あたりは海からの遡上魚や大型のコイも狙えるようだ。今回私は埼玉県新座市に位置する同河川での小物釣りを楽しんだ。

埼玉県で子供と一緒に清流エサ釣り満喫 婚姻色に染まる美しい魚と対面午後に子供と訪れた黒目川(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

タックル

今回はテンカラ釣りとエサ釣りで、ミャク釣り仕掛けメインで毛鉤仕掛けと併用して釣ることにした。

埼玉県で子供と一緒に清流エサ釣り満喫 婚姻色に染まる美しい魚と対面当日のタックル(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

ミャク釣り

剣峰てんから360とグランテンカラ300、ミチイトはベーシックフロロ0.6号通しにプロ目印3つ、ガン玉B、ハリヘラスレ2号を直結、エサはミミズをセットしたミャク釣りエサ釣り仕掛け。

テンカラ釣り

剣峰てんから360、グランテンカラ300、レベルライン3.0号、ハリスはベーシックフロロ0.6号、#16毛鉤をセットしたテンカラ釣り仕掛け。

高麗川での釣り開始

午前9時に現地到着するとルアーマンとエサ師が1人ずつ釣りをしていた。写真を楽しむ方々や水遊びを楽しむ方々も当然居るので、邪魔にならないように下流へと下る。大淵より下の瀬まで来ると竿が出せそうなので釣り開始する。

テンカラ釣りで好調

目の前の瀬に毛鉤を流すとお決まりのカワムツ君だ。そして少し流れが速い瀬を攻めていくと婚姻色のオイカワが2尾釣れた。反応を見ながら気分よく釣り下って攻めていき、開始30分で5尾とわりとイイ感じに釣れた。 

埼玉県で子供と一緒に清流エサ釣り満喫 婚姻色に染まる美しい魚と対面婚姻色のオイカワ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

ポイント発見で追釣

だが反応がなくなりさらに釣り下ると、いかにも釣れそうな淵の前の瀬を発見した。水深もほどよく流れもほどよく、間違いないポイントだ。その流れに毛鉤を入れるとすぐに反応があり、ポツポツと掛かってくれ、オイカワとカワムツを5尾追釣。

その後は下流の淵で散歩犬が水浴びを楽しんでおり、釣果も出たので納竿することにした。

高麗川釣果を写真撮り

結果的に高麗川ではオイカワが6尾にカワムツは4尾で合計10尾釣れたのでよしとする。キレイな清流魚に逢えたし、写真撮りを楽しんでサカナはすべてリリースして、駐車場まで遠い道のりを歩いた。

釣行時間は2時間程度なので上出来と言える釣果だが、休日としてはモノ足りないので午後から子供と黒目川へ出向くことに。

埼玉県で子供と一緒に清流エサ釣り満喫 婚姻色に染まる美しい魚と対面高麗川で釣ったオイカワ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)
▼この釣り場について
高麗川

次のページで黒目川での釣りの模様をリポート

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。