西表島でライトゲーム満喫 非日常感溢れる多彩な南国フィッシュと対面

西表島でライトゲーム満喫 非日常感溢れる多彩な南国フィッシュと対面

6月20~24日まで3泊4日の日程で、兼ねてから計画していた沖縄県・西表島ライトゲーム遠征へ行ってきた。時期が梅雨開けするタイミングと重なり、快適な夏の釣り旅を満喫。初日から魚影の濃さを実感できた、南国のライトゲームをレポートする。

沖縄県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・大宮好騎)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

西表島ライトゲーム遠征釣行

今回のメンバーは、岩手のルアービルダー熊谷君とお客さんの加藤さんと私の3人。釣行した3泊4日の日程が、ちょうど沖縄地方が梅雨明けするタイミングと重なり、非常に快適な夏の釣り旅となった。

まず西表の初日。昼すぎに中部国際空港から飛行機で石垣島へ。そして石垣島より高速船で西表島へ到着した。レンタカーの手配や宿へのチェックインなどで、ようやく落ち着いたのは午後9時だった。

宿の目の前が海ということもあり、翌日まで我慢しきれずナイトゲームへ。足場のいい堤防にて開始早々私がラパラCD3でオキフエダイ、月虫55でギンガメアジ、熊谷君はポッパーでもギンガメアジ。

西表島でライトゲーム満喫 非日常感溢れる多彩な南国フィッシュと対面初日からギンガメアジの歓迎を受けた(提供:週刊つりニュース中部版APC・大宮好騎)

初日のちょい釣りから離島の魚影の濃さを体感できた。まだまだ楽しみたい欲求を抑え、翌日に備えて早々に就寝とした。

西表島でライトゲーム満喫 非日常感溢れる多彩な南国フィッシュと対面初日の夜はナイトゲームを楽しんだ(提供:週刊つりニュース中部版APC・大宮好騎)

カヤックでシャローゲーム

そして2日目。早朝からレンタルカヤックの予約時間まで、宿前のマングローブ帯でシャローゲームだ。開始早々小型ながらも、私のトップウオーターにナンヨウチヌやバラクーダが飛び出して、西表に来たことをあらためて体感。

西表島でライトゲーム満喫 非日常感溢れる多彩な南国フィッシュと対面河口のサ—フではバラクーダ(提供:週刊つりニュース中部版APC・大宮好騎)

熊谷君はトップでミナミマゴチ、加藤さんも西表らしい良型コトヒキを手にして、意気揚々とレンタルカヤックへ。

カヤックは今回の遠征で最も釣りたい魚、テッポウウオを求めて島南部の仲間川を訪れたものの、あいにくの風向きと強風で、とにかく釣りがしづらい状況。各々苦戦しつつも、バラクーダやナンヨウチヌ、セダカダイミョウサギなど、ここでしか釣れない魚を堪能した。

あまりの強風に午前中でカヤックは断念したが、そこはさすがの西表島、ポイントは無限大。

渓流釣りでオオクチユゴイ

午後からは小さな渓流域にジャングルをかき分けて侵入してオオクチユゴイ狙いだ。沖縄本島でユゴイ経験者の熊谷君にレクチャーを受けながら南国の渓流ゲーム。

小型ながら本州のトラウトの要領でミノーであっさりキャッチしたものの、さらなる興奮を求めてトップ縛りへ。するとこれがまた出るわ出るわの水面爆発劇場。熊谷君は30cmオーバー、私にも同クラス。加藤さんも泣き尺クラスをキャッチし大満足のようだ。

西表島でライトゲーム満喫 非日常感溢れる多彩な南国フィッシュと対面南国渓流ゲ—ムではお目当てのオオクチュゴイ(提供:週刊つりニュース中部版APC・大宮好騎)

途中オオウナギも目撃できて、得した気分のままユゴイゲーム終了。その後宿への帰りの道中気になる干潟帯で日没までちょい釣り。こちらもこちらでバラクーダやメッキ、コトヒキなど釣れに釣れて3人とも疲れ果てて2日目が終了した。

次のページで河川でマングローブジャック登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。