陸っぱりルアー釣りの革新的アイテム7選 買ったら釣りが変わった?

陸っぱりルアー釣りの革新的アイテム7選 買ったら釣りが変わった?

普段から生活をしていて、「これ、もっと早く買ったらよかったな」と思うものがないだろうか?みなさん覚えがあるはずだ。釣りも同様である。「もっと早く買っておけば」と感じることしきり。今回は、ライトゲームメインの筆者が買ってよかった、釣りがラクになったと思うおすすめのものを紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

釣りは道具でかわる

前提として、釣りは道具でかわる。それは、お金がすべて、というのではない。高級なリールやロッドがいいわけではない。しかし、お金で買えるいいものもある。それは腕の上達とはまた違う部分の話だ。釣りをラクにする、あるいはもっと釣れるようにする、といった視点で、「コレを買えば釣りがかわるよ」というものについて経験から解説したい。

タックル編

まずはロッド&リール、釣りの基本ともいえる部分からだ。筆者はアジングとメバリングを主に釣るライトゲームの釣り人で、昨年から特にタックルを一気にグレードアップさせたりと、ちょっと生き急いだ。その結果から、次の二つは買ってよかったと思っている。

ハイエンドリール

S社のハイエンドフィネス機1000番を購入。同時に2000番のスプールを購入して、1000番スプールでアジング、2000番でメバリングをしている。このハイエンド機のドラグの食いつきは、エントリーモデルと比べると、本当に別世界。よく「今のエントリーモデルは10年前のハイエンド」と持ち上げられるが、それで言うなら、今のハイエンドはもはや未来のリールではないかと思われるほどのクオリティ。確実に魚のバラシが減る。

メバリングロッド ソリッド

昨冬前に、メバリングロッドを買い換えた。あまり触ったことがないソリッドティップのロッドだ。以前まではアジングロッドの長いのでメバリングもしていたのだが、このようないわばスタンダードなメバリングロッドも早めに手に入れるべきだった。何が良いといってメバルのフィネスにも良いが、大型ゲストへの対応力が素晴らしい。これまでチヌはLT化できていたが、このロッドに持ち替えて、今年はシーバスのLT化で成果があった。

陸っぱりルアー釣りの革新的アイテム7選 買ったら釣りが変わった?ハイエンドリールとメバルロッドでLTシーバス(提供:TSURINEWSライター井上海生)

メバルロッドの汎用性の高さは別の記事でも詳述しているが、本当にいい。昔ながらの軟らかい調子が、バラシにくさに繋がっている。フィネスの釣りの幅を広げてくれるロッドだ。

ルアー編

続けて、ルアー編である。

バチ抜け対応小型ミノー

この冬からのプラグでの収穫は、小型のミノーである。筆者もまあまあ長くライトゲームをしているが、春先にはメバルのバチパターンが、ワームよりもプラグの方が攻略しやすいことを今年まで知らなかった。またバチ抜けミノーで、シーバスもパターン化ができたことは大きい。本当に飛び上がりたいほど嬉しい発見だ。自分で釣りを作るのは楽しい。

陸っぱりルアー釣りの革新的アイテム7選 買ったら釣りが変わった?プラグでバチ抜けシーバス、メバル(提供:TSURINEWSライター井上海生)

TG製ジグヘッド

タングステン製のジグヘッドは一昨年くらいから使い始めたが、アジのアタリが倍以上に増えた気がする。ナマリ部分が小さいためか、見切られにくく、魚の口に入りやすい。釣果に直結するアイテムだ。これもまだ使っていない方には、ぜひ一つ持ってみてほしい。

バス用のワームでチヌパターン化

ソルトにバスのルアーの流用は以前にちょこちょことやったことがあったが、小さなワームまでは試したことがなかった。2inch級のワームと軽量ヘッドと合わせてレンジを刻みふわ釣りしたり、スローリトリーブしていると、チヌがガツンと食ってくる。

陸っぱりルアー釣りの革新的アイテム7選 買ったら釣りが変わった?バスワームでチヌ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

次のページで小道具編を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。