ゲームフィッシングにおける【優しくリリースする方法】を具体的に解説

ゲームフィッシングにおける【優しくリリースする方法】を具体的に解説

食用を考えないゲームフィッシングでは、釣れた魚は優しくリリースするのが釣り人と自然の約束です。今回はライトゲームで釣れる魚に対する礼を弁えたリリースの方法を考えてみましょう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ライトゲーム編

まずはライトゲームの一般的な対象魚です。二大魚種アジ・メバルについて。

アジのリリース作法

ご存知のようにアジは特にナイーブな魚です。30cmあっても200gの体重がない、非常に身の軽い魚なので(ということもないかもしれませんが)、雑にリリースすると即殺生。本当にその場でプカーと浮いてきてしまいます。

サバも一緒に考えましょう。同じような魚種ですが、サバは暴れてくれる分、こちらのリリースも雑になりがち。ハリが外れて陸で暴れて段差から落ちて、脳天をぶつけて半死。リリースするとプカーと浮いてしまう場面を、誰もが一度は見ているのではないでしょうか。

アジ、サバは水面に近い位置でそっとリリースしてあげてください。釣ったら写真撮影の時間も1分以内です。そうしてあげれば、場の条件的にたとえば5mの高さしかないところでも、ちょっと岸際から手を伸ばして落としてやれば元気に帰っていきます。

ゲームフィッシングにおける【優しくリリースする方法】を具体的に解説手掴み厳禁!火傷で死ぬ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

メバルのリリース作法

根魚のメバルについても同様です。リリースは水面に近い位置で優しくが原則。

ただメバルは多少スタミナがあるので、陸に上げていても3分くらいは仮死状態にはなりません。冬ならば10分くらい生きることもあります。たとえばワンポイントで釣れ倒す時合いが10分しかないならば、釣った魚はお茶なんかで濡らした地面に直置きか、あれば活かしバケツに溜めておいてやれば大丈夫。あとからタモに入れてゆっくりと海面に帰してやれば、蘇生します。

ゲームフィッシングにおける【優しくリリースする方法】を具体的に解説夜なら10分なら釣り溜めても大丈夫(提供:TSURINEWSライター井上海生)

後述しますが、ぼちゃんとその場に帰すやり方はスレを招くこともあり、また重みのある抱卵個体はその方が死にやすいので、メバルのリリースは本当はもっとナイーブなのです。

次のページで大型魚のリリースについて解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。