夏は堤防夜釣りを楽しもう あると便利なグッズ3選と釣行時の注意点

夏は堤防夜釣りを楽しもう あると便利なグッズ3選と釣行時の注意点

夏、日中の釣行は日差しが強く蒸し暑いため、日焼けや熱中症対策が必要になります。また、夏の海中は小魚が多く、思うように釣果を得られないことも多いです。そんな夏の季節は思い切って夜釣りにチャレンジしてみてはどうでしょうか?

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター貧グラー)

貧グラー

九州の長い県にて堤防釣り中心に活動しています。 釣りスタイルはエサ釣りが基本。 モットーは釣りは浪漫、ボウズは当たり前。 よろしくお願い致します。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

夜釣りのメリット

まずは夜釣りのメリットから紹介します。

夜は涼しい

夏の夜は日中に比べると気温も下がり過ごしやすく、日によっては半袖では肌寒く感じる時もあります。ですので、日焼けや熱中症対策で日中の釣行がつらいと感じる方は、思い切って夜釣りにシフトチェンジしてみると、思いがけない釣果を得られるかもしれません。

大物が釣りやすい

実のところ夜は日中に比べてエサ取りとなる小魚の活動も消極的になり、大型魚の警戒が薄れます。夜の闇が魚を大胆にしているのかは定かではありませんが、日中警戒心が強い魚は夜の方がエサを求めて活動するため、釣れやすくなったりします。また、夜行性の魚も活動をはじめていますので日中とは違う釣果を得やすくなります。

明るい時に確認を

夜釣りを始める場合、日が没してから活動するのはやめましょう。大変危険です。慣れた場所であっても、夕方辺りに現地入りして周辺の地形と安全を確認しておいた方が無難です。それから、日があるうちに釣行の準備をした方が、わずかな明かりを頼りに暗闇の中で準備するより効率が良いです。

夏は堤防夜釣りを楽しもう あると便利なグッズ3選と釣行時の注意点明るいうちに釣り場の確認を(提供:TSURINEWSライター貧グラー)

夜釣りの便利グッズ

夜釣りでは灯りは勿論、準備しておくと便利なグッズを紹介します。

ヘッドライト

ハンディライトより頭に装着するヘッドライトの方がハンドフリーとなり使いやすく便利です。ヘッドライトの中には照度の高い物もありますので、夜釣りの必需品といっても差し支えないでしょう。

夏は堤防夜釣りを楽しもう あると便利なグッズ3選と釣行時の注意点ヘッドライト(提供:TSURINEWSライター貧グラー)

ポータブル電源

夜釣りには必要ないのでは?そう思う方が多いと思いますが、ポータブル電源に大型のハンディライトを加えると、疑似的な常夜灯を作ることができます。夜釣りで長時間釣り場に滞在する場合は、疑似常夜灯は仕掛けの組み換えや道具を探すのに非常に便利です。

極端な例ですがポータブル電源があると、家で使っている扇風機なども使えるようになったりします。持ち運びは不便ですが、バッテリーの充電状態次第で色んな工夫ができますので大変便利です。

夏は堤防夜釣りを楽しもう あると便利なグッズ3選と釣行時の注意点ポータブル電源(提供:TSURINEWSライター貧グラー)

ケミホタル

電気ウキに比べるとやや劣りますが、夜釣りでウキ釣りをする場合あると便利です。竿先やウキに直接取り付けることで、魚のアタリを見つけやすくなります。

夏は堤防夜釣りを楽しもう あると便利なグッズ3選と釣行時の注意点ケミホタル(提供:TSURINEWSライター貧グラー)

次のページで夜釣りに潜む危険について

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。