ボートでのクロダイ落とし込み釣り解説 陸っぱりとの違いはキャスト?

ボートでのクロダイ落とし込み釣り解説 陸っぱりとの違いはキャスト?

衣浦港でのチヌ釣りは、ボートからルアーロッドで狙う落とし込みメソッドがオススメ!特に衣浦港のクロダイは、上げ潮が釣れる!それには衣浦港の特徴的な地形が関係している。今回は釣り方と上げ潮が釣れるわけを紹介したい。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉浦永)

Haruka_Sugiura

普段はボートからのベイフィッシングゲームがメインで、愛知県の衣浦港・衣浦マリーナから20フィートほどの湾内専用ボートで出船しています。シーバス・クロダイ・ロックフィッシュなど魚種を問わず、シーズナルゲームを楽しみながら、狙える魚は全て狙うスタンス。釣りの以外にも旅行を趣味として、歴史を学ぶのが好きです。

×閉じる

船釣り ボート釣り

上げ潮にクロダイが釣れるわけ

衣浦港では上げ潮が有利となります。最後に、その理由について紹介します。

衣浦港の形状

衣浦港の形状は、下のグーグルマップからもわかるように北から南に流れる河口のような形をした湾です。

上流域のほうが湾の幅が狭く、下流域にいくにつれて湾の幅が広がっていきます。特に衣浦海底トンネルの部分は幅がかなり狭まっており、激流になることもしばしばあります。

風の吹き方

そのため、夏シーズンは南風が吹き込みやすく、冬シーズンは北風が吹き込みやすい湾の形をしているのです。夏シーズンはほとんどが南風で雨後などは北風が吹く場合もありますが、午後を過ぎると南風になることが多いです。 

エサの馴染みやすさが釣果の秘訣

クロダイの落とし込みシーズンが盛んになるのは主に夏シーズン!つまり、南風が吹く季節なのです。

ということは、南風と下げ潮では潮と風が逆方向になってしまってケンカするので、船が流しづらい。一方で、南風と上げ潮が重なれば、潮と風が一緒の方向に進むので、落とし込みをする場合にエサをナチュラルに落とし込みやすくなり、船も流しやすくなるため、クロダイが釣れやすくなるわけです!

そのため、衣浦港のクロダイをボートで狙うなら、南風・上げ潮を狙っていきましょう!

<杉浦永/TSURINEWSライター>

▼この釣り場について
衣浦港

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。